蘭亭序

スポンサーリンク
法帖

王羲之の代表作品:蘭亭序を解説

王羲之の代表作:蘭亭序 王羲之の代表作品といえば、まず蘭亭序らんていじょが挙げられるでしょう。 蘭亭序が書かれたのは、彼が51歳のとき、会稽内史かいけいないしとして任官していた永和9年(353)のことです。 王羲之は会...
行書

王羲之:蘭亭序の内容を全文現代語訳で紹介

書道をされている方なら必ず知っているであろう王羲之の蘭亭序。 漢文で訳も分からず書いているけど、一応意味も知っておきたいと思いませんか? 今回は王羲之の蘭亭序の現代語訳を全文を紹介します。 現代風に意訳した部分や、新字体...
中国の書家

王羲之について解説/王羲之とはどんな人物だったの?なにがすごいの?

中国において書が完成の域に達したのは、王羲之おうぎしが活躍した東晋とうしん時代であると言えます。 中国の書の歴史においてもっとも高い地位を占めている彼の書跡は、学習が盛んに行われて、やがてそれが中国の書の伝統な流れを形成し、永く伝統...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました