書家

欧陽詢について解説・どんな人生を送った人なの?彼の書風の特徴は?

書家

欧陽詢おうようじゅんは楷書に優れていた書家として有名です。

今回は、欧陽詢について解説していきます。

スポンサーリンク

欧陽詢の基本情報

欧陽詢おうようじゅん(557~641)は、あざな(別名)は信本しんぽん

南朝・ちんの時代、永定えいてい元年(557)に潭州たんしゅう臨湘りんしょう湖南省こなんしょう臨湘市りんしょうし)で生まれました。

欧陽詢が活躍した唐代は楷書が完成の域に達した絶頂期です。
虞世南ぐせいなん褚遂良ちょすいりょうとともに「初唐しょとう三大家さんたいか」と呼ばれています。

欧陽詢の有名な碑文として、
楷書には九成宮醴泉銘きゅうせいきゅうれいせんめい化度寺邕禅師塔銘けどじようぜんじとうめい皇甫誕碑こうほたんひ温彦博碑おんげんばくひ
隷書には房彦謙碑ぼうげんけんひ宗聖観碑そうせいかんひがあります。

スポンサーリンク

欧陽詢の人生

欧陽詢がまだ幼なかった時期に、父のこつは陳の広州こうしゅう刺史しし(地方を監督するための監察官)でありましたが、謀反むほんの兵をげ、その罪で死刑になってしまいます。本来なら息子であるじゅんも連座して罪に従うべきところをからくもまぬがれ、父の友人・江総そうこうに育てられました。

彼の青年時代はずい王朝(581~618)がさかえたころにあたり、ずいが滅びるときにはすでに61歳の高齢になっていました。

ずいからとう王朝(618~907)に代わると、唐の初代皇帝・李淵りえんに仕えて、貞観15年(641)に85歳で亡くなりました。

スポンサーリンク

官僚としての欧陽詢

性格は人並みずれて聡明で学問にもすぐれ、経書や史籍を多く読み、優秀な官吏かんり(官僚)でした。

ずいでは煬帝ようだいに仕えて太常博士だいじょうはくし(儀礼官)となり、かつ、李淵りえん(唐の初代皇帝)と親交があったため、王朝が隋から唐に代わると、唐に仕えて重用されました。

唐の初代皇帝・李淵りえんが即位すると給事中きゅうじちゅう(皇帝の側近)となり(このときすでに61歳)、勅撰の『藝文類聚』100巻の編集にもあたりました。

太宗たいそう(唐の第2代皇帝)が即位すると、国家の発展のために書による文化政策が行われます。欧陽詢は大子率更命たいしそつこうれい (皇太子養育係) となり、弘文館学土こうぶんかんがくしも兼ねて虞世南ぐせいなんとともに書法の指導にあたりました。

唐の文化国家建設の第一歩は書によってはじめられ、欧陽詢と虞世南ぐせいなんの2人はその最高の責任者だったのです。

スポンサーリンク

欧陽詢の書風

欧陽詢おうようじゅんの書は険勁けんけいつよく硬い美しさ)と評価されており、南朝の王羲之おうぎしの書を学び、北朝の書法(造像記など)を合わせ発展させたと考えられています。

書の特徴は、時代や王朝の中心が南にあるか北にあるかによって変化するため、表にして紹介します。
南側の特徴は「自然でうつくしい」、北側の特徴は「力強い」と考えてもらってよいでしょう。

書風の変化に影響する王朝の変遷
  • 4~5世紀
    東晋とうしん(南朝)・五胡十六国ごこじゅうろっこく(北朝)時代

    この時代は南の東晋とうしんの方が影響力が大きいです。東晋とうしん蘭亭序らんていじょで有名な王羲之おうぎしが生きていた王朝です。なめらかな行書、自然な筆遣いの楷書が特徴の時代です。

  • 5~6世紀
    南北朝なんぼくちょう時代

    この時代は北の北魏ほくぎが代表される時代です。力強くて鋭い楷書(造像記ぞうぞうき)が特徴の時代です。

  • 581~618
    ずい時代

    ずいは、南朝と北朝が統一された時代です。初代皇帝・文帝ぶんていはもともと北斉ほくせい(北朝)の人だったため北朝の影響力の方が大きい時代です。書風も鋭い楷書が特徴的です。

  • 618~907
    とう時代

    とうは南朝の王羲之おうぎしの書法(行草)が尊重された時代です。前王朝のずいが楷書の時代だったため、楷書も得意としました。

それでは、欧陽詢が学んだとされる南朝の王羲之おうぎしの書北朝の書法(造像記ぞうぞうきなど)を分けて解説していきます。

欧陽詢は王羲之をの書を学んでいた

欧陽詢おうようじゅんは、「蘭亭序らんていじょ」を書いた人として有名な王羲之おうぎしの書を学んでいたと考えられています。

その証拠に、とう竇蒙とうもうという人の『述書賦じゅつしょふ』に、「欧陽詢は北斉ほくせい劉珉りゅうびんから書を学んだ」と書かれています。

この劉珉りゅうびんという人は、北斉ほくせい(北朝)の時代において、南朝の王羲之おうぎしの書風が尊重されなくなってきたのを復興させたといわれている人です。

このことから、欧陽詢は本来王羲之おうぎしの伝統を受け継いだ人で、そのうえにずいとう時代の新しい書風をうちたてたといえます。

また、みん代の王世貞おうせいていが、「書法は欧陽詢が出てはじめて晋体しんたい(王羲之の書法)を変じた」と言っています。王羲之の書法が尊重されだすのは唐代からなのですが、その唐代において王羲之の書法が尊重されるのは欧陽詢によるものだというのです。

さらにしん代になって王澍おうじゅという人がまた唐代の書家を批評して、「虞世南ぐせいなんは王羲之の円をえた、欧陽詢おうようじゅんは王羲之の卓をえた、褚遂良ちょすいりょうは王羲之の超をえた」といい、初唐の三大家3人とも王羲之の血脈をうけたものであるといって、王羲之の伝統を受けていることを認めています。

欧陽詢は北朝の書法(造像記など)を学んだ

欧陽詢おうようじゅんの若いころはずい王朝の書にたくさん触れてきました。

ずいの前は北魏ほくぎの時代です。北魏ほくぎと言えば、「牛橛造像記ぎゅうけつぞうぞうき」や「始平公造像記しへいこうぞうぞうき」など造像記ぞうぞうきが有名ですよね。

そのため隋代においてもとくに楷書が盛んで、造像記ほど力強さはありませんが、おさえめな美しく鋭い楷書が特徴的です。

欧陽詢おうようじゅんの若いころ青年から中年のころは、このような楷書に触れていたことでしょう。

タイトルとURLをコピーしました