書家

日本の書家

近衛信尹(このえのぶただ)を紹介/能書としての活躍【寛永の三筆】

近衛信尹(このえのぶただ)を紹介 近衛信尹筆:三十六歌仙帖1 近衛信尹このえのぶただ(1565~1614)は、安土・桃山時代から江戸時代初期にかけて活躍した能書のうしょ(書の巧みな人)です。初めの名は信基のぶもと、つぎに信輔のぶすけと改名、...
日本の書家

荻生徂徠(おぎゅうそらい)を紹介:書家としての活躍

荻生徂徠(おぎゅうそらい)を紹介 川原慶賀筆:荻生徂徠肖像 荻生徂徠は、江戸時代中期の儒学者、思想家、文献学者です。 生没は1666年~1728(寛文6年~享保13年)。徳川綱吉の侍医方庵の子。江戸の生まれ。名前は双松なべまつ、徂徠そらいは...
日本の書家

新井白石(あらいはくせき)を紹介

新井白石(あらいはくせき)を紹介 新井白石肖像画 生没は1657年~1725(明暦めいれき3年~享保きょうほう10年)。正済まさなりの子。江戸の生まれ。名前は君美きみよし、字あざなは済美、白石は雅号がごうです。 幼少のころから聡明で、若年の...
日本の書家

北島雪山(きたじませつざん)を紹介

北島雪山(きたじませつざん)を紹介 細井広沢『紫薇字様』雪山肖像画 北島雪山(きたじませつざん)は江戸時代前期に活躍した書道家で、日本において唐様からよう(中国風)の書風の基礎を築いたことで注目されます。 生没は江戸時代の1636~1697...
日本の書家

松花堂昭乗(しょうかどうしょうじょう)を紹介

松花堂昭乗(しょうかどうしょうじょう)を紹介 松花堂昭乗作:三十六歌仙帖 松花堂昭乗(しょうかどうしょうじょう)は、江戸時代に活躍した書道家、画家で、特に書道においては「寛永かんえいの三筆さんぴつ」の1人として数えられ、江戸時代を代表する書...
日本の書家

鳥丸光広(からすまるみつひろ)を紹介

鳥丸光広(からすまるみつひろ)を紹介 鳥丸光広作:聚楽第行幸和歌巻 晩年の烏丸光広が、和歌を揮毫(きごう)したもの。筆運びに彼独自のリズム感を発揮しており、奔放かつ自在な筆致が見どころの1つ。 鳥丸光広(からすまるみつひろ)天正7年~寛永1...
日本の書家

本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)を紹介

本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)を紹介 本阿弥光悦 本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)は、書・陶芸・漆芸・能楽・茶の湯などに携り、後世の日本文化に大きな影響を与えた人物として有名です。 永禄元年~寛永14年(1558~1637)光二の子。京都の生...
日本の書家

池大雅(いけのたいが)を紹介

池大雅(いけのたいが)について紹介 福原五岳筆 池大雅像 ※Wikipediaより 池大雅(いけのだいが)、江戸時代に活躍した文人画家、書道家です。享保8年~安永5年(1723~1776)、姓は池野、名は無名ありな、字あざなは貸成かしなり、...
中国の書家

楊守敬(ようしゅけい)について解説/作品も紹介【中国清時代の書道家】

日本では明治めいじ時代ごろから篆書てんしょや隷書れいしょなど碑に刻した文字を尊重する碑学派ひがくはの書道が流行し始め、篆書や隷書の作品が盛んに書かれるようになりました。 これは、中国からやってきた楊守敬ようしゅけいという人物が日本にたくさん...
中国の書家

康有為(こうゆうい)について解説【碑学派の書論を著した】

康有為おうゆういが著した書論『広芸舟双楫こうげいしゅうそうしゅう』は、碑学尊重の書論で、日本においても碑学派が流行するにあたって翻訳され、大きな影響をあたえました。 今回は、『広芸舟双楫こうげいしゅうそうしゅう』を著した康有為こうゆういとい...