楷書

スポンサーリンク
書体

始平公造像記について詳しく解説・碑の内容や特徴、作者、全文現代語訳

始平公造像記の基本情報 始平公造像記 時代は北魏時代 太和22年(498)9月14日。大きさは縦89.0×横39.0。 内容は、国家の平和のため石窟時を造ること・龍門石窟の創設にかかわった高僧である慧成えじょうの父・始平...
2022.09.05
書体

牛橛造像記について詳しく解説/作者・内容・場所・釈門/評価・感想も紹介

牛橛造像記きゅうけつぞうぞうきは造像記のなかでもっとも代表的なものです。 造像記の書法を学びたい人は、まず牛橛造像記から練習すると良いでしょう。 今回は、そんな造像記のなかでもっとも代表的な牛橛造像記について解説していきます。...
2022.09.05
書体

九成宮醴泉銘の全文現代語訳/日本語訳

九成宮醴泉銘きゅうせいきゅうれいせんめいは、魏徴ぎちょうが文章を作り、欧陽詢おうようじゅんが文字を書きました。 九成宮醴泉銘きゅうせいきゅうれいせんめいについてはこちらで詳しく解説しています。 九成宮醴泉銘の全...
2022.09.17
楷書

褚遂良が書いた孟法師碑(もうほうしひ)の特徴や碑が建てられたきっかけ

初唐の三大家のひとりである褚遂良ちょすいりょう(596~658)の作として、伊闕仏龕碑いけつぶつがんひ(貞観15年・46歳)、孟法師碑もうほうしひ(貞観16年・47歳)、房玄齢碑ぼうげんれいひ(55歳ごろ)、雁塔聖教序がんとうしょうぎょうじ...
2022.05.17
書体

褚遂良の雁塔聖教序:碑が建てられた理由や内容、書風などを解説

こんにちは、中村です。 今回は、初唐の三大家の一人、褚遂良について解説した後、彼の代表作である雁塔聖教序のについて内容や書風、特徴などを解説していきます。 褚遂良について 雁塔聖教序の書者、褚遂良ちょすいりょう〈開皇かい...
2022.04.10
書体

虞世南について:その代表作である孔子廟堂碑の書風や特徴を解説

こんにちは、中村です。 楷書の典型は成立したのは初唐7世紀に確立されましたが、その担にない手が欧陽詢おうようじゅんと虞世南ぐせいなんの二人です。 しかし、欧陽詢が数多くの作例を伝えるのに対して、虞世南はとても少なく、結局、孔子...
2022.04.10
書体

いろいろな楷書体についてわかりやすく解説【成立、定義、書風】

私たちがふだん本やスマホで見ている活字としての楷書は、読むための符号としての役割をよく果たしています。 一方、書道をする人による楷書は、同じ楷書でありながらも活字とは違った多様な表情を示し、見た人にいろいろな感興をあたえてく...
2022.05.15
書体

九成宮醴泉銘について解説・臨書の書き方のコツは?気をつけたい3つのポイントを紹介【書道のうでまえアップ】

九成宮醴泉銘きゅうせいきゅうれいせんめいは書道をする人なら必ずとおる道! およそ1500年前に書かれたものなのですが、現代でも「楷書の極則」といわれ、楷書の最も王道な古典です。学校で習う楷書の字形もこの九成宮醴泉銘を参考に作られてい...
2022.09.19
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました