書体

スポンサーリンク
書体

始平公造像記について詳しく解説・碑の内容や特徴、作者、全文現代語訳

始平公造像記の基本情報 始平公造像記 時代は北魏時代 太和22年(498)9月14日。大きさは縦89.0×横39.0。 内容は、国家の平和のため石窟時を造ること・龍門石窟の創設にかかわった高僧である慧成えじょうの父・始平...
2022.09.05
書体

牛橛造像記について詳しく解説/作者・内容・場所・釈門/評価・感想も紹介

牛橛造像記きゅうけつぞうぞうきは造像記のなかでもっとも代表的なものです。 造像記の書法を学びたい人は、まず牛橛造像記から練習すると良いでしょう。 今回は、そんな造像記のなかでもっとも代表的な牛橛造像記について解説していきます。...
2022.09.05
法帖

泰山刻石(たいざんこくせき)について詳しく解説・書体は?作者はだれ?

泰山刻石たいざんこくせきは小篆しょうてんの典型として尊重されています。 今回は、泰山刻石が作られたきっかけや特徴などを紹介します。現代語訳も紹介します。 泰山刻石の基本情報 泰山刻石たいざんこくせきは秦しんの始皇...
スポンサーリンク
書体

九成宮醴泉銘の全文現代語訳/日本語訳

九成宮醴泉銘きゅうせいきゅうれいせんめいは、魏徴ぎちょうが文章を作り、欧陽詢おうようじゅんが文字を書きました。 九成宮醴泉銘きゅうせいきゅうれいせんめいについてはこちらで詳しく解説しています。 九成宮醴泉銘の全...
2022.09.17
行書

風信帖に書法はない!?「率意の書」とはなにか

書法について真剣に談論されている場で「書法、書法というけれどもあの有名な風信帖は手紙ではないですか」という人がいます。 これは「風信帖に書法はない」ということです。 一般に風信帖は率意そついの書とされています。 ちなみ...
2022.07.23
楷書

褚遂良が書いた孟法師碑(もうほうしひ)の特徴や碑が建てられたきっかけ

初唐の三大家のひとりである褚遂良ちょすいりょう(596~658)の作として、伊闕仏龕碑いけつぶつがんひ(貞観15年・46歳)、孟法師碑もうほうしひ(貞観16年・47歳)、房玄齢碑ぼうげんれいひ(55歳ごろ)、雁塔聖教序がんとうしょうぎょうじ...
2022.05.17
書体

狂草を作った書家・張旭とはどんな人だったのか解説・代表作品も紹介

張旭(ちょうきょく)は中国の唐時代(7世紀ごろ)に生きた書家です。 草書の名手として知られ、草書の中でも狂草きょうそうというジャンルを生み出した人です。 狂草を受け継いだ懐素かいそとあわせて「張顚素狂ちょうてんそきょう」という...
2022.05.11
書体

懐素(かいそ)が書いた狂草の書風の特徴、代表作品を紹介

懐素(かいそ)は、唐とうの時代(7世紀ごろ)に狂草きょうそう(草書の種類)を書いた書家として有名です。 楷書で有名な顔真卿がんしんけいと知り合いでした。 今回は、懐素とはどんな書家なのかを解説した後に、彼の書風の特徴で...
2022.08.31
書体

行書の第一人者:趙孟頫(ちょうもうふ)とはどんな書家なのか、代表作品も紹介

趙孟頫ちょうもうふは宋そう末に生まれ、13世紀から14世紀にかけて活躍し、元げん王朝の書壇を従わせた書家です。 また、中国歴代を通じての大家であり、書だけでなく、画・詩・文にも大きな足跡を残しました。 ...
2022.04.21
書体

米芾の蜀素帖(しょくそじょう)を詳しく解説/特徴や内容、全文の画像・釈文・現代語訳を紹介

蜀素帖(しょくそじょう)は、中国の北宋ほくそうの書家・米芾べいふつ(1051~1107)のもっとも有名な作品です。 今回は、蜀素帖について特徴や文章の内容、全文の釈門・現代語訳を紹介します。 蜀素帖しょくそじょうを書いた米芾...
2022.09.02
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました