書体

スポンサーリンク
書体

蘇軾・黄庭堅・米芾が代表される宋時代以後、行草書の法帖が増えた理由

こんにちは、中村です。 欧陽詢おうようじゅんなど初唐の三大家などに代表される唐時代は、楷書の法帖が多いのに対して、蘇軾そしょく・黄庭堅こうていけん・米芾べいふつが代表される宋時代以降、行草書の法帖が多くなります。 これには唐か...
2022.04.10
書体

蘇軾の黄州寒食詩巻の内容・特徴を解説:釈文も記載

今回は蘇軾そしょくの代表作である黄州寒食詩巻こうしゅうかんしょくしかんの内容・特徴を解説していきます。 また、釈文も記載しました。 黄州寒食詩巻の基本情報 蘇軾の黄州寒食詩巻#1(クリックで高画質表示) 作者:蘇軾...
2022.08.31
書体

顔真卿の行書作品:祭姪文稿について内容・書風・特徴を解説

こんにちは、中村です! 顔真卿がんしんけいと言えば数多くの碑石に残っている謹厳な楷書ですが、それらは顔真卿の公的な場における表向きの書です。 彼の人間性を直接に伝えるものは、草稿として自分の思いを率直に書き連ねた「祭姪文稿さい...
2022.04.10
スポンサーリンク
書体

孫過庭の書譜について、内容、書風、特徴を紹介

孫過庭そんかていが文章の内容を考え、自身が書いたとされる「書譜しょふ」は、草書の名品として、またすぐれた書論しょろんとして、高く評価されてきました。 今回は、孫過庭について、書譜の内容、書風、特徴を紹介していきます。 ...
2022.08.31
書体

智永の真草千字文:内容や智永の制作意図とは

こんにちは、中村です。 千字文は、習字帖として古くから中国・日本で活用され親しまれてきました。 今回は、千字文の現存最古の古典である王羲之7世の孫、智永の「真草千字文」について紹介していきます。 智永について 智永...
2022.04.10
書体

王羲之の十七帖について、内容や書風、特徴、いろいろな種類の拓本を解説

こんにちは、中村です! 十七帖は草書を習得するため古来より草書の典型とされ、多くの人に尊重されてきました。 今回は、十七帖について、内容や書風、特徴、いろいろな十七帖の拓本を解説していきます。 十七帖について 十七...
2022.04.10
書体

書道の作品制作で役立てたい草書の特徴、歴史、書き方覚え方のコツを紹介

こんにちは、中村です! 草書は日常生活でほとんど使いませんし、楷書と形がかけ離れているため使いづらいですよね。 書道をやっている人は草書で書かれた作品を制作するときや鑑賞するときに何の字を書いているのか、その字のどの部分を書い...
2022.04.10
書体

空海は僧侶としてだけでなく、書道でも活躍し大きな影響を及ぼした人物だった/代表作品も紹介

空海くうかい(774~835)は歴史の教科書で真言宗しんごんしゅうの開祖として習いましたが、書道においては日本を代表する行書の名手としても有名です。 今回は、書道の面から空海について解説し、彼の代表作品も紹介します。 空海は「...
2022.09.16
書体

風信帖現代語訳

第1通 現代語文 お手紙をいただきました。拝見いたしますと、ご近況が明らかとなり、雲や霧が去ったよに心が晴れ晴れといたしました。また、お手紙とともに「摩訶止観まかしかん」の経典を下さいまして、ありがたくいただき、供養をいたしま...
2022.05.12
書体

王羲之:蘭亭序の内容を全文現代語訳で紹介

書道をされている方なら必ず知っているであろう王羲之の蘭亭序。 漢文で訳も分からず書いているけど、一応意味も知っておきたいと思いませんか? 今回は王羲之の蘭亭序の現代語訳を全文を紹介します。 現代風に意訳した部分や、新字体...
2022.09.13
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました