書家

スポンサーリンク
書家

蘇軾(そしょく)とはどんな人生を歩んだ人だったのか、書風の特徴も解説

こんにちは、中村です。 蘇軾(そしょく)は宋そうの時代の特に優れた文学者であり、政治家、書家、画家です。 中国の歴史全体から見ても、一流の人物といえます。 今回は、そんあ蘇軾について紹介し、書風の特徴も解説していきます。...
2022.04.08
書家

金農(きんのう)の書き方・独特な隷書の方を作り上げた書道芸術家

こんにちは、中村です。 金農きんのう(1687~1763)は、字を寿門。 別名の金冬心きんとうしんでもよく知られていますが、他にも別号がとても多い人です。 今回は、金農の隷書について、その書き方を解説していきます。 ...
2022.04.08
書家

黄庭堅(こうていけん)の人生とその作品:松風閣詩巻

こんにちは、中村です。 黄庭堅が生きていた北宋ほくそう(960年~1127年)という時代は、貴族的文化の社会構造への反抗として、科挙によって選抜された士大夫したいふたちによる新しい文化が芽生えます。 書の分野でも、それまでの守...
2022.04.08
スポンサーリンク
書家

柳公権(りゅうこうけん)の書の特徴・逸話も紹介

こんにちは、中村です。 柳公権は顔真卿がんしんけいの後継者と知られ、彼の楷書には明らかに顔真卿の影響が認められます。 今回は、柳公権について、書風の特徴について書いていきます。また、彼についての逸話を知ることで、古典への理解を...
2022.04.08
書家

近代書道における楊守敬(ようしゅけい)来日の影響

こんにちは、中村です。 楊守敬ようしゅけいは、清国(中国)の人で、明治のはじめに日本へやってきます。 彼が持ってきた碑版法帖の影響によって、明治以前までは肉筆で書かれた文字を習うのが主流だった書道界に、碑に刻された北魏の書風を...
2022.04.08
書家

日下部鳴鶴(くさかべめいかく)が近現代書道界にあたえた影響・功績

こんにちは、中村です。 日下部鳴鶴くさかべめいかくは、明治書壇しょだんを組織化し、その中心人物として多くの書家を養成した指導者です。 書壇、書道雑誌出版、展覧会活動などは今、美術界をはるかにしのぐ規模ですが、これらは鳴鶴が先駆...
2022.04.08
書家

王鐸(おうたく)について:彼の生涯、書法、書風、特徴を解説

王鐸(おうたく) 王鐸おうたく(1592~1652)は、字あざなを覚斯、雅号がごうは嵩樵すうしょう・癡庵ちあんなどがあります。 山西さんせい省洪洞こうどう県の出身ですが、河南かなん省孟津もうしん県に籍を置きました。 王鐸...
2022.04.08
書家

顔真卿とはどんな人だったのか、彼の壮絶な人生、書風の特徴、書き方を解説

こんにちは、中村です。 盛唐せいとうの顔真卿がんしんけいは、東晋とうしんの王羲之おうぎしとともに歴代の能書家のうしょか中の双璧とされています。 顔真卿の楷書は、独自性を強く打ち出した豪快な書風で、楷書の表現に大きな変革をもたら...
2022.04.08
書家

北宋の書家、米芾について解説:代表的な作品や逸話・エピソードも紹介

北宋ほくそうの蔡襄さいじょう(1012~1067)、蘇軾そしょく(1036~1101)、黄庭堅こうていけん(1045~1105)、米芾べいふつを北宋の四大家と呼んでいます。 今回は、米芾とはどんな人だったのか、逸話いつわ・エ...
2022.08.31
書体

孫過庭の書譜について、内容、書風、特徴を紹介

孫過庭そんかていが文章の内容を考え、自身が書いたとされる「書譜しょふ」は、草書の名品として、またすぐれた書論しょろんとして、高く評価されてきました。 今回は、孫過庭について、書譜の内容、書風、特徴を紹介していきます。 ...
2022.08.31
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました