書家

スポンサーリンク
書体

智永の真草千字文:内容や智永の制作意図とは

こんにちは、中村です。 千字文は、習字帖として古くから中国・日本で活用され親しまれてきました。 今回は、千字文の現存最古の古典である王羲之7世の孫、智永の「真草千字文」について紹介していきます。 智永について 智永...
2022.04.10
書体

空海は僧侶としてだけでなく、書道でも活躍し大きな影響を及ぼした人物だった/代表作品も紹介

空海くうかい(774~835)は歴史の教科書で真言宗しんごんしゅうの開祖として習いましたが、書道においては日本を代表する行書の名手としても有名です。 今回は、書道の面から空海について解説し、彼の代表作品も紹介します。 空海は「...
2022.09.16
書体

褚遂良の雁塔聖教序:碑が建てられた理由や内容、書風などを解説

こんにちは、中村です。 今回は、初唐の三大家の一人、褚遂良について解説した後、彼の代表作である雁塔聖教序のについて内容や書風、特徴などを解説していきます。 褚遂良について 雁塔聖教序の書者、褚遂良ちょすいりょう〈開皇かい...
2022.04.10
書体

書聖・王羲之とその代表作品:蘭亭序について詳しく解説

蘭亭序を書いた王羲之おうぎしは中国書道史を語るうえで欠くことのできない最も重要な人物といえるでしょう。 今回は王羲之について解説し、彼の代表作である蘭亭序についても解説していきます。 王羲之の基本情報 王羲之 王羲...
2022.09.22
書体

虞世南について:その代表作である孔子廟堂碑の書風や特徴を解説

こんにちは、中村です。 楷書の典型は成立したのは初唐7世紀に確立されましたが、その担にない手が欧陽詢おうようじゅんと虞世南ぐせいなんの二人です。 しかし、欧陽詢が数多くの作例を伝えるのに対して、虞世南はとても少なく、結局、孔子...
2022.04.10
書家

欧陽詢について解説・どんな人生を送った人なの?彼の書風の特徴は?

欧陽詢おうようじゅんは楷書に優れていた書家として有名です。 今回は、欧陽詢について解説していきます。 欧陽詢の代表作品、九成宮醴泉銘について解説しています。 欧陽詢の基本情報 欧陽詢おうようじゅん(...
2022.09.17
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました