日本の書家

【江戸時代の書道家】市河米庵(いちかわべいあん)ついて解説/作品も紹介

日本の書家
スポンサーリンク

市河米庵の基本情報

市河米庵像
市河米庵像

市河米庵いちかわべいあんは、江戸時代末期の儒学者・書家です。生卒は1779~1858(安永8~安政5)。

名は三亥みついあざな孔陽こうよう雅号がごう米庵のほかにも米庵楽斎・頴道人・金洞山人・小山林堂などがあります。

米庵は唐様からようの書(中国の書)を極めた人で、彼の門に教えを乞うものは数千人に及びました。

書画文房具の収集にはお金を惜しむことなく、その収蔵品を背景として、書の学習や揮毫に有益な多くの著述を残しました。

市河米庵の父・寛斎(かんさい)について紹介

市河米庵いちかわべいあんの父・市河寛斎かんさい(1749~1820)は、昌平黌しょうへいこうに学んで富山藩前田家の藩校教授を務めました。

市河寛斎かんさいは、詩才をもって知られ、江戸に江湖詩社を開いて多くの門弟を育てあげ、当時の詩風を一変させた人でした。

米庵べいあん寛斎かんさいはの長男として江戸京橋(東京都中央区)に生まれました。

スポンサーリンク

書家としての市河米庵

市河米庵いちかわべいあんは幼少のころに持明院流じみょういんりゅうの使い手に和様わよう(日本)の書を習っていたと伝えられています。

しかし、当時次第に流行していった唐様からよう(中国)の書に心が傾き、とくに青年期を迎えたころからは米芾べいふつの書を学びました。米庵べいあんという雅号も米芾べいふつを参考につけたものです。

さらに進んで、顔真卿がんしんけいの書も学び、主に中国のしんとう時代の書法を中心に学んでいきました。

やがて20歳をむかえるころには、「小山林堂しょうさんりんどう」と名づけた書道塾を開いて門弟の指導に当たりました。

その後、25歳を迎えた1803年(享和きょうわ3)から翌年1804年(文化元年)にかけ、米庵は京都を経由して長崎まで遊学します。遠く足を延ばした長崎の地では、来航していた中国しん胡兆新こちょうしんという人物から唐様からよう書法を学びました。

1811年、米庵は父のあとを継いで、同じく富山藩前田家に能書のうしょとして招かれました。

能書のうしょとは、書をよくする人のことをいいます。

その後、1821年(文政4)には加賀藩前田家に仕え、江戸と金沢を往復して指導に当たりました。加賀藩では72歳を迎えた1850年(享和3)、老齢によって辞職するまで勤め上げました。

その晩年の米庵は唐様からよう書の大御所として知られ、辞職した後も隠居の暇なく活躍します。江戸和泉橋(東京都千代田区)近くに大きな屋敷をかまえ、大名・町人・僧侶・女性にいたるまで多くの門弟を指導しました。伝えるところによれば、内弟子200人余り、遠近の門人は5000人余りに達したといいます。

このように江戸で大活躍した市河米庵の唐様書は、のちに巻菱湖まきりょうこ貫名菘翁ぬいなすうおうらとともに「幕末ばくまつ三筆さんぴつ」と称されるほどになりました。

1855年(安政2)みずから寿蔵碑じゅぞうひ(生きているうちに建てる碑)を建て、1858年(同5)7月8日80歳で亡くなりました。現在でも、東京・日暮里に米庵の寿蔵碑じゅぞうひが残っています。

スポンサーリンク

市河米庵の著述刊行

市河米庵いちかわべいあんは、書論・書法・書体・書材・文房具などに関する基礎的な研究を行い、これを著述刊行によって後世に伝えたという功績があります。

  • 米家書訣べいかしょけつ
  • 墨場必携ぼくじょうひっけい
  • 米庵墨談べいあんぼくだん
  • 引証碑本法帖目いんしょうひぼんほうじょうもく
  • 米庵先生蔵筆譜べいあんせんせいぞうひつふ
  • 小山林堂書画文房図録しょうさんりんどうしょがぶんぼうずろく

代表的な著述には、23歳のときに著した『米家書訣べいかしょけつ』をはじめとして、漢籍や詩編のなかから揮毫に適した語句を抜染した『墨場必携ぼくじょうひっけい』などがあります。とくに『墨場必携』は現在でも作品制作の際によく使用されています。

さらに、扁額・長幅・横幅などの形式別に書式を示した『略可法りゃくかほう』も知られています。

このほか、
米庵自身の書論を集めた『米庵墨談べいあんぼくだん
収集した文房具・法帖などに解説を施した『引証碑本法帖目いんしょうひぼんほうじょうもく』『米庵先生蔵筆譜べいあんせんせいぞうひつふ
収蔵している書画などを模写して集めた『小山林堂書画文房図録しょうさんりんどうしょがぶんぼうずろく
などの著述や図録集があります。

スポンサーリンク

市河米庵の作品を紹介

市河米庵の作品「楽志論屏風」
市河米庵の作品「楽志論屏風」

↑「楽志論屏風」米庵61歳の筆跡

市河米庵の作品「程正叔四箴」
市河米庵の作品「程正叔四箴」

↑「程正叔四箴」米庵32歳の筆跡

市河米庵の作品「楷書前赤壁賦扇面」
市河米庵の作品「楷書前赤壁賦扇面」

楷書前赤壁賦扇面かいしょぜんせきへきふせんめんは、中国、北宋ほくそうを代表する詩人蘇軾そしょくによる「赤壁賦せきへきのふ」の前編の一部を書き写したものです。

紙の形がおうぎ型のため、下にいくにつれて1行のスペースが狭くなるのですが、初めから終わりまで乱れることなく、文字の大きさを一定に保っています。筆遣いも細やかな表現ができていることから中国から輸入された、筆先の鋭い筆を使用していたことがうかがえます。

参考文献
中田勇次郎『書道全集 第二三巻』(平凡社、1966年)
鈴木晴彦『書の総合辞典』(柏書房、2010年)

タイトルとURLをコピーしました