書体法帖行書

王羲之:蘭亭序の内容を全文現代語訳で紹介

書体

書道をされている方なら必ず知っているであろう王羲之の蘭亭序。

漢文で訳も分からず書いているけど、一応意味も知っておきたいと思いませんか?

今回は王羲之の蘭亭序の現代語訳を全文を紹介します。

現代風に意訳した部分や、新字体を用い、現代かな使いを用いています。

スポンサーリンク

蘭亭序の内容

東晋とうしん永和えいわ9年(353)3月、王羲之おうぎし会稽山かいけいざん浙江せっこう紹興しょうこう市)のふもとにある蘭亭に名士41人を招きました。

みぞぎ(身を清め、けがれを取り除くこと)の儀式を行った後に、「曲水きょくすいえん」という詩会を開催し、それぞれが作った詩を集めて詩集を作りました。

このとき書いた詩集の序文の草稿が「蘭亭序」です。

内容としては、前半に詩会が行われた会場の情景や天気、集まった人たちがどんな様子であったかを描写しています。後半は王羲之自身が考えること(生きること死ぬこと)を語っています。

スポンサーリンク

蘭亭序のあらすじ

永和9年3月3日に蘭亭において禊事けいじを行ったところ、諸賢が余すところなく集まってくれました。自然の環境に恵まれ、しかも天気が良くて気分も爽快になり、曲水に酒杯しゅはいを浮かべ、詩情を心ゆくまで尽くしあいました。

人はそれぞれありかたが違うとしても、喜びに行きついてしまうと、やがては秋が来て感慨も薄れてしまいます。これは人の命においても、長短にかかわらず必ず最期あることから、「人の偉大さは生死によって左右されるものではない」という古人(孔子)の言葉には決して同意できません。

古人の文を読むたびに、感激する原因が同じところにあることに気づきますが、過去の人は今の人ではなく、後世の人からすれば自分たちも過去の人になります。生死を同一視するのは嘘で、人が永遠ではないことが悲しいです。

そこで、今日の詩会に集まった人たちの名と、作られた詩を後世に残すことにしました。後世の人の心を動かすことができたらいいです。

スポンサーリンク

王羲之:蘭亭序 現代語訳

永和9年(353)癸丑みずのとうしの歳、3月の初め、会稽山かいけいざんのかたわらにある「蘭亭」で禊事けいじをひらきました。心身を清めるのが目的のもよおしです。おおぜいの知識人、それも年配者から若い人までみんな来てくれました。
さて、ここは、神秘的な山、峻険しゅうけんみね(山の高くそびえるいただき)に囲まれているところで、生い茂った林、そしてみごとにのびた竹があります。また、激しい水しぶきをあげている渓川たにがわの景観があって、左右に映えています。その水を引いてさかずきを流すための「曲水」をつくり、一同まわりにすわりました。楽団が控えていて音楽を奏でるというような華かさこそありませんが、さかずきがめぐってくる間に詩をえいずる(詩歌をよむこと)というこの催しには、心の奥を述べあうに足りるだけのすばらしさがあるのです。
この日、空は晴れわたり空気は澄み、春風がのびやかにながれていました。
我々は、宇宙の大きさを仰ぎみるとともに、地上すべてのものの生命のすばらしさを思いやりました。
なぜ我々が、目の保養をはかるのか、また、心を開いてのべ合おうとするのか、そのわけは其処そこにあって、見聞の楽しみの究極と言えます。ほんとうに楽しいことです。

そもそも人間が、同じこの世で生きるうえにおいて、ある人は心中の見識こそいちばん大切だとして、部屋の内にこもり、うちとけて、人々と相対して語り合おうとし、ある人は、言外の意こそすべての因だとして、肉体の外面を重んじ、自由に生きようとします。
どれをとりどれを捨てるかといっても、みんな違いますし、有りさまも同じではありませんが、それぞれ合致すれば、よろこび合いますし、わずかの間でも、自分自身に納得するところがあると、ここ良く満ち足りてしまい、年をとるのも忘れてしまうものです。
自分の進んでいた道が、もはやあきてしまったようなときには、感情は、ことごとに変わりますし、胸のうちも左右されてしまいます。以前、あれほど喜んでいたことでも、しばらくたつともはや過去の事跡となることもあります。だからこそおもしろいと、思わないわけにはいかないのです。
まして、ものごとの長所・短所は変化するものであって、やがては終わりになってしまうのはどうしようもありません。古人(孔子)は「死生もまた人生だ」といいましたが、これほど痛ましいことはありません。

昔の人は、いつも何に感激していたか、そのさまをみてみると、割り符を合わせるようにきまっていました。いまだかつて、文を作るとき、なげき悲しまないでできたためしはなく、それを心に言いきかせるすべはありませんでした。実際に死生は1つだなどというのはでたらめです。長命も短命も同じだなどというのは無知そのものです。悲しいではありませんか。

こんなわけで今日参会した方々を並記し、彼らが述べた詩を記録したわけです。世の中が変わり、事物が異なったとしても、心に深く感ずるということの根拠は、究極のところかわりはありません。後々の世にこれを手にとって見てくれる人は、きっとこの文章に何かを感じてくれるにちがいないと信ずる次第です。

タイトルとURLをコピーしました