書家

北宋の書家、米芾について解説:代表的な作品や逸話・エピソードも紹介

書家

北宋ほくそう蔡襄さいじょう(1012~1067)、蘇軾そしょく(1036~1101)、黄庭堅こうていけん(1045~1105)、米芾べいふつ北宋の四大家と呼んでいます。

今回は、米芾とはどんな人だったのか、逸話いつわ・エピソードを挙げて紹介し、代表的な作品も紹介していきます。

スポンサーリンク

米芾について

米芾べいふつ(1051~1107)は中国の北宋の書家であり、文学者・画家・収蔵家・鑑賞家でもあります。

字は元章、初めは名前を米ふつとしていましたが、41歳以降は同音の米ふつで署名しました。

号は襄陽居士じょうようこじ鹿門ろくもん居士・海岳外史かいがくがいしなど10以上あり、また晩年に任官した礼部にちなみ、米南宮べいなんぐうともよばれています。

出身は湖南省襄陽じょうようといいますが、本籍は山西省太原たいげんです。

祖先は西域胡人系

「米」という姓は中国では珍しいもので、唐代の中期から初めて中国の記録に現れ、宋に至ってようやく姓譜(苗字一覧)に見えるようになります。

これはシルクロードの米国(マイグルㇺ)から中国に移り住んだ、イラン系ソグド商人の民族が、中国に住むと「米」を姓としたためです。

このことから、3世紀をさかのぼる彼の祖先そせんは、移住してきたイラン系ソグド人であるという説があります。

官僚としてのキャリア

宋の初めの功臣の米信は遠い祖先そせんで、父の佐は左武衛将軍となり会稽かいけい県公を贈られた官僚地主です。また、母のえんは、英宗の宣仁皇后の乳母(産婆だったともいう)として仕えました。

その蔭補おんぽ(父祖の功績によって、子孫が官位を授かること)により、米芾は、科挙を受けずに、18歳で秘書省校書郎(文部省課長相当)のポストを得ます。

しかし、彼はきままな自由人で、 官僚には不向きだったようで、まじめに役所勤めをした形跡はありません。

政治とは距離を置いて、生涯、書に没頭した書道史上初めて登場した書家であり、書画の収集と技法追及に明け暮れた書道マニアでした。

崇寧すうねい3年(1104)、徽宗きそう皇帝(北宋の第8代皇帝)が米芾のために史上初めて制置したらしい書画学博士に任命され、宮中の名跡の鑑定にあたったことが、もっとも米芾にふさわしい公的な仕事だったと思われます。

さらに、人前でも勝手気ままな言動をする性格であったようで、徽宗きそう皇帝の前でも、北宋の四大家のなかで最も若い米芾が、黄庭堅こうていけんは字を描くだけで、蘇軾そしょくは字を描くだけであるとけなしています。

米芾黄庭堅より6歳若く、蘇軾よりは15歳若いです。

黄も蘇も、米芾にけなされて、腹を立てたような形跡はありません。彼らは米芾を許し、そして可愛がっています。

黄庭堅と蘇軾は進士に及第したエリート官僚であり、政治闘争に翻弄ほんろうされた生涯を送りましたが、米芾は政界からは遠ざかり、小官に就任するも特に政治的業績を上げることはなく、生涯にわたって書が生きることの中心にありました。

スポンサーリンク

書家としての米芾

米芾が学んだ書跡の経歴は、幼いころに顔真卿がんしんけいの書を学び、後に柳公権りゅうこうけん欧陽詢おうようじゅん褚遂良ちょすいりょう段季展だんきてん、そしてしん時代の書にたどり着いて開眼したと、彼自身が言っています。

米芾著録ちょろくで拾えば、彼が見たことのあるしんとうの書跡は、300種以上にのぼりますが、ことに友人の李瑋りいが所蔵した「晋賢十四帖」を鑑賞したことが、晋人の書に没頭するきっかけとなりました。

若いころの米芾は、臨模りんもに明け暮れました。そのころの作品を、人は“集古字しゅうこじ”と呼んだといいます。

古典をまるごと似せ、それを寄せ集めたような個性をおさえた作風をからかっている言葉です。

しかし、見方を変えてみれば、自分が気に入った字は根こそぎすくいとる観察力と腕前が備わっていた人であったと言えます。

人から借りた古典の名作を臨模して、本物と摸本とを一緒に返したところ、持ち主にはどちらが本物か見分けがつかなかったいう逸話もあります。

スポンサーリンク

研究者としての米芾

米芾は作品を書くだけではなく、彼は書画を収集し、鑑賞し、そして査定して、鑑賞した書画についての多くの記録を残しました。

そのため彼は書画の研究という面での開拓者であったともいえます。

米芾の著作には「書史」「画史」「宝章待訪録」「硯史」といったいわば研究書があります。

鑑賞した書画の名跡は、紙絹の質・印記・装丁などの詳しい記録をとっており、このような彼の著作は、今日でも晋唐の真跡類を研究するうえで、見過ごせない内容をそなえています。

米芾の活躍の背景には徽宗きそう皇帝が推進した一連の文化事業があります。

徽宗は金石書画の収集をし、米芾を書画学博士とし、一方、書学・画学という学校を設けて専門の養成に努めました。

スポンサーリンク

米芾の奇行

米芾にまつわる逸話いつわは多く、その話から彼の性格・人間性が見えてきます。

唐時代の皇帝や百官が公式な場において着る礼服にまねたものをいつも着用していたとか、潔癖症だったため、食器や衣服を他人と決して共有することはなく、また手を洗っても自然に乾くのを待ったとか、めずらしい石に出会ったので、衣服を改めて拝礼したとかいう奇人ぶりから“米顚べいてん”とか“米痴べいち”とあだ名をつけられたといいます。

また、収集マニアぶりにもこんな逸話があります。

船の中で蔡攸さいゆう(蔡京の子)に、王羲之の王略帖おうりゃくじょうを見せられた米芾は、突然それをふところに入れ、川に跳びこもうとします。「何をする!」と叫ぶと、「私の収蔵にこんな名品はない。持てないくらいなら死んだほうがましだ」というので、 蔡攸は止むをえず米芾にゆずったといいます。

またあるとき徽宗は、面前で米芾屏風びょうぶを書かせました。書き終えた彼は、使った硯を懐に入れ、墨液がしたたるのもかまわず、「わたくしが使ったすずりを2度と陛下に進御しんぎょはできません。臣がいただきます」といったそうです。

これらのエピソードはお話くさくもあります。しかし、彼自身が「私は、名声と利得には一向関心がない。ただ古人の書は無性に好きだ。巻軸をひろげて鑑ていると、近くで雷が鳴っていても気づかない」といっているのは、米芾のマニアックな性格をよく表しています。

スポンサーリンク

米芾の作品

米芾が書いた作品は比較的多く残っています。

蜀素帖しょくそじょう:元佑3年(1088)米芾の最も有名な行書の作品

36.7×260cmの巻子装で、台北・故宮博物館に収蔵されています。

蜀素とは、(地名)で織られたしろぎぬのことですこの作品の素は手のこんだ織り方で、初めから書写用として鳥糸欄うしらん(縦線の黒い糸)まで織り込んだ特性の絹地です。

米芾が38歳のとき、蜀素の地主だった湖州知事の林希という人に請われて、自作の詩8首を書いたものです。

晋人の書をベースにしながらも、文字の傾きが前傾になり、頭部を重くするか広やかにとる彼独自の書法がすでに芽生えています。

呉江舟中詩巻ごこうしゅうちゅうしかん

31×559.8cmの紙で書かれた巻子装で、自作の五言古詩125字を44行に書いた大事の行草書です。

もともとは、清の内府ないふにありましたが、辛亥しんがい革命後アメリカに流出し、いまはニューヨークの顧洛特クロフォード氏が所蔵しています。

紀年がないため書かれた年代はわかりませんが、書風から40代前半期の作品であると予想されます。

篋中帖きょうちゅうじょう:紹聖元年(1094)ごろ

台北・故宮博物館所蔵の『宋四家真跡』冊中のひとつで、28.8×41.9cm紙本です。

法帖の名前は1行目の中から採っています。

景文隰公けいぶんしつこう(劉季孫)あての書状です。

」の字の特徴から見て40代前半期の作品と思われます。

この作品には晋人の書法に根ざしながらも、結構と変化多端な筆勢には、すでに米芾独自の風格が備わっています。

元日帖がんじつじょう:紹聖年間(1094~97)

大阪市立美術館の所蔵で、紙本25.2×40.5cm。

いまは『草書四帖』と題されて冊頁さっけつになっていますが、記録によるともともとは9帖分あり、清の乾隆期ごろ、現在の形になったらしいです。

この作品は、米芾が理想として晋人の用筆を生かしきっています。独草体を主軸に、ときに連綿をまじえて変化を持たせ、切れ味のよい点画が、えた趣をかもし出し、また独自の風格を持っています。

徳忱帖とくしんじょう:紹聖4年(1097)ごろ

25.4×78.6cmの紙本で、いまは台北・故宮博物館所蔵『宋四家法書巻』中の1幅ですが、もともとは元日帖と同じ「草書九帖」中の1つでした。

全文で20行、158字。現存している米芾の書跡の中では、1番の長文です。

この作品も、「」の字の特徴から見て40代前半期の作品と思われます。

この書は、紙と筆のせいもあるのか、潤筆の箇所がやや重苦しいです。

しかし、肥痩強弱をまじえ、気脈はつながっています。

晋人の正統な草書体をふまえつつ、古人の書法からは解き放たれた境地に達しています。

台北・故宮博物館所蔵の『宋四家集冊』の1幅で、25.6×38.6cmの書状です。

値雨帖ちうじょう

この作品は、「」の字の特徴から見て50代初期の作品と思われます。

米芾の書状の中では特に早書きで、変幻自在さでは比べるに値するものはありません。

一見、乱暴な書きぶりのようではありますが、一画もゆきとどかない筆はありません。

その他虹県詩巻こうけんしかん向太后挽詞しょうたいごうばんし草書自述帖そうしょじじゅつじょう好事家帖こうじかじょう

タイトルとURLをコピーしました