書体書家草書

懐素(かいそ)が書いた狂草の書風の特徴、代表作品を紹介

書体

懐素(かいそ)は、とうの時代(7世紀ごろ)に狂草きょうそう(草書の種類)を書いた書家として有名です。

楷書で有名な顔真卿がんしんけいと知り合いでした。

今回は、懐素とはどんな書家なのかを解説した後に、彼の書風の特徴である狂草について、代表作品も紹介していきます。

スポンサーリンク

懐素について

懐素
懐素

懐素かいそは僧名で、あざな蔵真ぞうしん、僧として出家しゅっけする前の、俗人としての苗字はせんといいます。

生没はあきらかではなく、開元かいげん13年(725)または開元25年(737)生まれと言われますが、開元25年生まれ説の方が有力です。

湖南こなん省の零陵れいりょう県の人ですが、幼い時に出家しました。

出家とは、これまでの生活や家族、友人など修行の妨げとなる世俗の生活を捨て、仏教の修行をすることです。

仏教はインドから中国に伝わって以降、唐代になってから急速に発展しました。

懐素は禅の修行に努めながら、書によって心を清め、さとりを求めました。

書が好きでしたが、貧しかったので、芭蕉ばしょうの葉に手習いしたり、うるしを塗った板に書いては拭き消し、書いては消したため、こすれて漆がげたとか、臨模りんもに明け暮れたため、たくさんの使い古した筆をつかにうめた、という逸話があります。

またお酒が好きで、酔うと好んで草書を書きました。

かなりの大酒ぶりで、酔っぱらうと、寺の壁、里のしきり、衣装、お皿など、手あたり次第に書いたといいます。

そのため、人々は「酔僧すいそう」と呼びました。

すでに郷里で書家として有名でしたが、大暦だいれき12年(777)からは都の長安に出ました。

長安では当時刑部尚書けいほうしょうしょ(古代の官職)だった顔真卿に会っています。

スポンサーリンク

懐素の書風の特徴「狂草」

懐素の草書作品には2種類の傾向のものがあり、1つは狂草で、もう1つは伝統的な正しい草書です。

主に懐素の草書といえば狂草きょうそうをイメージしてもらっていいでしょう。

狂草は懐素より少し前の張旭ちょうきょくという人が、酒に酔った勢いで自由奔放ほんぽうな草書を書いたのが始まりです。

張旭ちょうきょくは、ときに頭髪に墨をつけて書くということまでやってのけたらしいです。

いわゆる宴会の余興のようなものでしょうか、パフォーマンスとしての書です。

懐素は張旭の後を継いで、張顛素狂ちょうてんそきょうと並び称されました。

このほか、みんしんの時代の王鐸おうたく傅山ふざんの連綿草による長条幅作品も狂草の一表現とみなすことができます。

元の沈右(しんゆう)による懐素の評価

元の沈右しんゆうは、懐素が書の奥義をよく継承していることをとても高く評価しています。

懐素の書はみごとである。意のまま気の向くままに書かれ、変化の限りを尽くしているが、常に魏晋ぎしんの法度から離れていない」

懐素が書壇においてかくも崇高な地位を得ることができたのは、

「意のまま、気の向くまま」でありながら「魏晋ぎしんの法度を離れていない」という、相反する要素をうまく交わらせることができたからです。

狂草に対する米芾(べいふつ)の評価

懐素が出てきてから、草書で有名になる書家が相次いであらわれました。

高閑こうかん䛒光きょうこうがその代表例であり、彼らによって狂草は後の世代へとつづいていきました。

しかしこの狂草について、後の時代(そう)の人物である米芾べいふつが否定的な意見を論じています。

張旭ちょうきょく俗物ぞくぶつ(無風流で金銭や世間の名声を第一としている)で古風を変乱したが、懐素になると少し平淡さを加えて、ようやく完成にいたったが時代のせいか高古さがなく、高閑こうかん以下はみんな居酒屋に掛けられるくらいのものであり、䛒光きょうこうはとりわけ憎悪すべきである」

と評価しています。

米芾しん時代の人(王羲之おうぎしなど)を参考にしなければ気格はいたずらに下品となるばかりであるといって、すべて晋人の風土に重点を置いてみている人物です。

スポンサーリンク

懐素の代表作品

ここからは懐素の代表作品を紹介していきます。

自叙帖(じじょじょう)

懐素の自叙帖
懐素の自叙帖(クリックで高画質表示)

大暦12年(777)
台北・故宮博物院の所蔵で28.3×755㎝の紙本巻子装です。

内容は、自分の経歴を簡単に書いたあとに、親交のあった当時の名士たちが懐素のすぐれた書法をほめたたえる詩文を引用したもので、自己宣伝しています。

狂草書としては自叙帖がもっとも有名です

連続した線が多く、筆の動きは上下左右によく回転し、軽くて速いリズムが感じられます。

草書千字文(そうしょせんじもん)

無紀年
明代のある収蔵家が、1字は金1両の値打だ、といったことで「千金帖」の俗称があります。

台北・故宮博物院の所蔵で、18.8×279㎝の絹本巻子装です。

この作品は落ち着いた用筆法で、「自叙帖じじょじょう」とは正反対の傾向の作品です。

筆跡の末尾に「貞元15年(799)」の款記がりますが、この1行は偽物です。

蔵真・律公帖(ぞうしん・りつこうじょう)

無紀年
蔵真帖は6行で、自らの書歴の一部を書いています。

律公帖は2種類で、1種は3行で律公(不明)について記し、もう1種は9行で脚気帖ともいい、書状です。

蔵真・律公帖ともに刻帖でしか伝わっていません。

しかし、この帖について清の王澍おうじゅは「痩勁で動きがあり、天真さがよく出ている」と高く評価していいて、諸家とも懐素の草書の真を伝えているとみています。

食魚帖(しょくぎょじょう)

無紀年
青島市博物館に蔵される29×51.5㎝の紙本。

内容は「拙僧は長沙に居たころは魚を食べていたが、長安に来てからは肉食になったので、
在家の人に笑われている。云々」というものです。

この原跡を調査した徐邦達氏は「滑筆中に、ごく細い描補びょうほの痕跡があり”鉤填こうてん半臨半基本”である」といいます。

そのためか、やや鈍い筆勢です。

しかし、狂気じみているところはなく、真跡に準ずる作例です。

スポンサーリンク

まとめ

ここまで、懐素かいそとはどんな書家なのかを解説し、代表作品も紹介してきました。

懐素はお酒に酔うといろいろなところに字を書くなんて相当書が好きだったんですね。

また、狂草に対する米芾べいふつの評価も興味深いです。狂草のように思うがままに書くのもいいですが、王羲之書法も大切にしたいですね。

タイトルとURLをコピーしました