法帖篆書

泰山刻石(たいざんこくせき)について詳しく解説・書体は?作者はだれ?

法帖

泰山刻石たいざんこくせき小篆しょうてんの典型として尊重されています。

今回は、泰山刻石が作られたきっかけや特徴などを紹介します。現代語訳も紹介します。

スポンサーリンク

泰山刻石の基本情報

泰山刻石たいざんこくせきしん始皇帝しこうていが自らの功績を記した石碑です。

石碑の作者は李斯りしとされています。この石碑は書者の名前が分かるものとしては最も古いものです。

書体は篆書てんしょ小篆しょうてん)。

スポンサーリンク

泰山刻石が作られたきっかけ

秦の始皇帝は、天下統一を果たすと、地方の政治や民の生活状態を視察するために各地を巡回じゅんかいしました。

その際に、自分の功績を記した碑を各地に建てました。

これらすべての碑の作者が李斯りしとされています。

嶧山刻石(紀元前219年・山東芻県東南)、泰山刻石(紀元前219年・山東泰安)、琅邪台刻石(紀元前219年・山東諸城東南)、之罘刻石(紀元前218年・山東烟台)・之罘東観刻石、碣石刻石(紀元前215年・河北昌黎西北)、会稽刻石(紀元前210年・浙江紹興東南)

しかし、原石のほとんどは失ってしまっており、泰山刻石は幸いにも古い拓本が伝わっていますが、原石は破片2個、10字しか残っていません。

スポンサーリンク

泰山刻石の変遷

泰山刻石の全文は『史記』(秦始皇本紀)で確認することができ、本来は222字ありました。

しかし現在は破損がひどく、わずか10字しか確認することができません。

どうしてそうなってしまったのかを紹介します。

宋の大観2年(1108)、劉岐りゅうきが泰山の山頂でこの石を発見しました。

高さは1.4メートルあったといいます。

発見当時すでに文字の磨滅が多かったそうです。

明時代に再び土の中から発掘され、嘉靖年間(1522~1566)に碧霞祠の東廡に移動したときにはわずか29字となっていました。

さらに清時代の乾隆5年(1740)に火災に遭い10字だけになってしまいました。

現在は破損し、破片2個に10字だけ確認することができます。

そのわずかな破片2個は、現在山東省泰安県の岱廟だいびょうに保存されてます。

スポンサーリンク

泰山刻石の拓本

泰山刻石の拓本はとても少なく、明の安国が所蔵していた、宋時代の拓本といわれる165字のもの、53字のものの2種類が有名です。

現存する拓本の中でもっとも字数が多い165字の拓本は日本の書道博物館、次いで53字の拓本は三井文庫に所蔵されています。

スポンサーリンク

泰山刻石の特徴

泰山刻石の文字の線は横画を水平に、縦画を垂直、一定の細さのままです。

字の形は縦長で左右対称にまとめられています。

文字の大きさは等しくそろえられ、丁寧で変化のない線が何とも無表情なおもむきかもしだしています。

スポンサーリンク

泰山刻石の現代語訳/日本語訳

(皇帝臨立。作制明法。臣下脩飭。)
皇帝は位につかれて、制度を作り法律を明らかにし、臣下は整え修めた。

(廿有六年。初幷天下。罔不賓服。)
26年(紀元前221)、初めて天下を併合し、服従しないものはなくなった。

(寴䡅遠黎。登茲泰山。周覽東極。)
皇帝はみずから遠方の人民の間を巡幸され、この泰山に登り、あまねく東のはてまでもご覧になった。

(從臣思迹。本原事業。祗誦功德。)
従臣は皇帝の事跡を思いしたい、事業のみなもとをたずね、つつしんで功徳ととなえる。

(治道運行。者產得宜。皆有法式。)
天下を治める道は天下とともに運行し、多くの産物はほどよきを得て、すべて法式にかなっている。

(大義著名。陲于後嗣。順承勿革。)
大義ははっきりとあらわれて、子孫に垂れ示し、のちに世に継承されて改めることがないように。

(皇帝躬聽。旣平天下。不懈於治。)
皇帝がみずからお聴きになったように、すでに天下を平らげ、政治をおこたらなかった。

(夙興夜寐。建設長利。專隆教誨。)
早朝に起きて深夜に床につき、永久の利を建設して、ひたすら教誨きょうかいを盛んにされた。

(訓經宣達。遠近畢理。咸承聖志。)
教訓となるべき常法はのべ伝えられ遠近もすべておさまり、みな皇帝の意志をたいした。

(貴賤分明。男女體(禮)順。愼遵職事。)
貴賤の区別は明らかとなり、男女の礼は乱れず、慎重に職事に従っている。

(昭隔内外。靡不清浄。施于昆嗣。)
あきらかに朝廷の内と外とをわけ、清浄でないものはなく、子々孫々にほどこして、徳化はつきることのないように。

(化及無窮。遵奉遺詔。永承重戒。)
後の者は遺詔をささげ守り、永久に受け継いで重く戒めとすべきである。

(皇帝曰。金石刻。盡始皇帝所爲也。)
二世皇帝はいう、金石の刻は、ことごとく始皇帝が作られたものである。

(今襲號。而金石刻辭。不稱始皇帝。)
今、自分が皇帝の称号をついだが、金石の刻辞には、始皇帝となっていない。

(其於久遠也。如後嗣爲之者。)
後世になると、あとの皇帝が作ったと思われるかもしれない。

(不稱成功盛德。)
始皇帝の成功盛徳を称することにはならないのである、と。

(丞相臣斯。臣去疾。御史大夫臣德。昧死言。)
丞相の臣(李斯)、臣去疾(馮去疾)、御史大夫の臣徳らは、死を恐れずに申し上げます。

(臣請。具刻詔書。金石刻因明白矣。)
臣ら請い願いますには、詔書をつぶさに刻せば、金石の刻はそれがために明白となりましょう。臣ら死を恐れずに要請いたします、と。

(臣昧死請。制曰。可。)
二世皇帝が制していよう、よろしい、と。

タイトルとURLをコピーしました