楷書中国の法帖

褚遂良の雁塔聖教序(がんとうしょうぎょうょ)について詳しく解説【碑が建てられた理由や内容、書風】

楷書

この記事では、「初唐しょとう三大家さんたいか」の一人、褚遂良ちょすいりょうについて解説します。

また、彼の代表作品である雁塔聖教序がんとうしょうぎょうじょについても、内容や書風、特徴などを解説していきます。

悠栄堂
¥2,980 (2024/04/17 08:30時点 | Amazon調べ)

雁塔聖教序を書いた褚遂良について

褚遂良像
褚遂良像

雁塔聖教序がんとうしょうぎょうじょを書いたのは、褚遂良ちょすいりょうという人物です。

褚遂良ちょすいりょう開皇かいこう16年(596)~顕慶けんけい3年(658)〉は、中国のとう時代に活躍した書道家で、虞世南ぐせいなん欧陽詢おうようじゅんと並んで「初唐しょとう三大家さんたいか」と呼ばれています。

彼はとうの前王朝、ずい文帝ぶんていの開皇16年(596)に、銭塘せんとう(現在の浙江省せっこうしょう杭州こうしゅう)で生まれました。

中国における書道の名手は、同時にその時代を動かしてきた政治家や学者でもありますが、褚遂良も例外ではなく、唐の建国期を支えた重臣でした。雁塔聖教序には「中書令」「尚書右僕射しょうしょうぼくや」という官職がしるされています。どちらも褚遂良が歴任した官職で、二碑に記されている官位が同時期となっている点については諸説あります。唐代においては宰相という長官クラスの要職です。

褚遂良の父、りょう太宗たいそうの信任をうけ、有能な文学の士「秦府一八学士」の一人として、弘文館学士こうぶんかんがくし散騎常侍さんきじょうじなどの要職を歴任した人物でした。先に述べた欧陽詢・虞世南は二人とも褚遂良より30歳以上高齢でしたが、 父褚亮ちょりょうの同僚であり、親しい友人だったので、褚遂良は幼いころから付き合いがあったと考えられています。

皇帝太宗のもとでの活躍

褚遂良は書道をよくして、虞世南が亡くなった後に侍中の魏徴に推薦されて侍書となり、太宗の学問や書芸を語る相手として重用され、王羲之書跡の収集や鑑識も行いました。太宗に諫言することをおそれず厚い信頼を得ました。

太宗が亡くなってからは、皇太子(後の高宗)を支えて、653年(永徽4年)には尚書右僕射しょうしょうぼくやとなり政務に参画しました。

しかし、高宗が武氏(後の則天武后そくてんぶこう)を皇后に立てようとしたことに反対し、怒りを買って左遷され、のとに愛州あいしゅう(ベトナム北部)に退けられて客死しました。

書道家としての褚遂良

書道は若くして虞世南を学び、のちに王羲之の書法を体得しました。また、隋の史陵しりょうに学んだとも伝えられます。

太宗のもとで王羲之書跡の鑑識や臨模にあたり、楷書は王羲之のうつくしさを得て華やかさを増したといい、その趣は虞世南や欧陽詢すら一歩譲るとも評価されています。

58歳のときの「雁塔聖教序」はその代表作品です。

雁塔聖教序について

雁塔聖教序の全体
雁塔聖教序の全体
雁塔聖教序#1
雁塔聖教序#1 ※クリック/タップで拡大

雁塔聖教序がんとうしょうぎょうじょ」は陝西せんせい西安せいあん市南郊の慈恩寺じおんじ境内けいだいにある大雁塔にはめ込まれた「大唐三蔵聖教之序」碑と「大唐三蔵聖教序記」碑の2つの碑をあわせた総称で、「慈恩聖教序」とも呼ばれています。

双方とも碑身(文字が書かれている部分)は、高さ約1,98メートル、上幅85センチもの大きさがあります。

また、この両碑の素材には、黒大理石という良質な石が使われています。

現在、陝西省せいせんしょう西安の慈恩寺じおんじ境内で見られる大雁塔は7層のかなり大きな塔ですが、これは後の時代に建て直されたもので、現在、雁塔聖教序の二碑は南面入口の左右に配置されています。

「雁塔聖教序」が建てられた理由

唐王朝の初期は政情が不安定で、人々は苦しい生活をしいられました。心のよりどころとなる仏法もインドから伝わるうちに変質し、教えの基となる経典類も不足し満足な教えができませんでした。

孫悟空そんごくうが活躍する「西遊記さいゆうき」でおなじみの三蔵法師こと、玄奘げんじょう(602~664)は、この状態を心配して国禁を犯してひとりでインドへと旅立ちました。

その後、約17年にわたり旅をつづけた玄奘は、貞観じょうがん19年に仏典657部を携え、帰国しました。

玄奘は罪に問われるどころか、太宗に厚くもてなされました。

玄奘は経典の漢訳に当たり、皇帝と皇太子から序文を与えられました。太宗の「大唐三蔵聖教之序」と高宗の「大唐三蔵聖教序記」です。大雁塔建立の際に、その文を2つの碑に刻して安置することを願い、その後、最上層の石室に二碑が置かれました。これが雁塔聖教序です。序と序記の文は、ともに貞観22年に贈りましたが、両方の碑ができたのはそれから5年後の永徽えいき4年(653)、褚遂良58歳のことでした。

序と序記のちがい

「雁塔聖教序 」は「大唐三蔵聖教之」碑と「大唐三蔵聖教」碑の2つの碑の総称です。
では、「序」と「序記」というものには、何か違いがあるのでしょうか。

  • 「序」とは、一般にものごとの次第を順位立てて述べる文体のこととされています。
  • 「記」とは、客観的に事実を書く文体のこととされています。
  • また「序記」とは、人物に関する事実を客観的に叙述したものの意味で使用される文体であり、「序」と「記」が重なってできた文体とも言われています。

つまり、文体の上から言えば、「序」と「序記」は違うものとなるのです。

「雁塔聖教序」の雁塔とは?

「雁塔」の名前は玄奘げんじょう の「大唐西域記」に、『自分たちに肉を施すために自殺した雁の話を聞いた僧たちが感銘かんめいをうけて、死んだ雁を塔の下に埋めた』とあることに由来しているとされています。

「雁塔聖教序」の内容

「聖教」とは、尊い仏の教えという意味です。

これに「序」がついて「聖教序」になると、新しく訳された仏教論に対して皇帝から下された序文のことをいいます。

「大唐三蔵聖教之序」の内容は、まず初めに仏教の教理を説き、次に仏教の経緯を述べ、最後に玄奘の人徳をその業績をたたえます。

「大唐三蔵聖教序記」は、高宗が父帝である太宗の仏教に対する見識と、玄奘の経典翻訳事業の功績を述べたものです。

「雁塔聖教序」の特徴・書き方

横画

行書的な用筆

一般に楷書作品とされていますが、多くの部分で行書の特徴とされる点画の連続がみられます。細身の点画の中で抑揚をつけ、緩急かんきゅう肥痩ひそう、強弱の織りなす多彩でねばりのある線質、余白を大きくとりこんだ豊潤ほうじゅん風趣おもむき

さらに、「無」字に見られるような起筆の時の蔵鋒ぞうほうも特徴となっています。

このように、単なる楷書書法の一典型として縛られないところが魅力であり、特徴となっています。

「雁塔聖教序」の臨書に使える全文拓本画像・釈門はこちらで見られます。↓

「雁塔聖教序」の上達には道具も大切

「雁塔聖教序」の書風・特徴を紹介しましたが、上達するためには道具も重要となってきます。

作品を書く際、
「お手本のようになかなか上手に書けない…」
「筆が思うように動いてくれない…」

という方は、普段使っている筆と違う筆を試してみると良いかもしれません。

ちなみに、おすすめの書道筆は【おすすめ】書道筆「小春」を紹介/使いやすさ・美しさを求めた書道筆【悠栄堂「小春」】を参考にどうぞ。↓

タイトルとURLをコピーしました