中国の書家

李邕(りよう)について詳しく解説/唐時代に活躍した行書専門の書道家

中国の書家

中国とう時代は、書道文化がとても発展した時代で、九成宮醴泉銘きゅうせいきゅうれいせんめいがつくられるなど、楷書が注目されました。

盛唐のころになると、楷書よりくだけた行書に優れた書人があらわれます。
そのなかでも特にすぐれた書人が、今回紹介する李邕りようです。

悠栄堂
¥2,980 (2024/02/13 06:36時点 | Amazon調べ)

李邕の基本情報

李邕りよう(678年〈儀鳳3年〉~747年〈天宝6年〉)は、中国とう時代の行書の名手として第一に挙げられる人物です。

太宗たいそう皇帝にはじまる王羲之おうぎし書法の流行の波にのって、よく王羲之書法を根底としてその特異な風格をもってする行書を大成しました。

江夏こうか湖北咸寧こほくかんねい唐書とうじょ江都こうと人とありますが、江夏が正しい)の人です。

あざなは泰和たいわ(新唐書本伝に泰和とありますが、李昻の墓誌に太和とあります)。

後漢の高陽侯こうようこう以来、江夏の李氏とうたわれた名門の出で、『文選』の注釈者として名高い李善りぜんの子です。祖父は元哲といいました。

李邕の人生/経歴

李邕りようの生涯は、官吏かんり(役人)生活を送ることになります。
前半は則天武后そくてんぶこう(623~708)、後半は玄宗皇帝げんそうこうてい(685~762)に仕え、各地を転々としました。

李邕の人生/経歴
  • 701年(長安元年)
    24歳ごろ

    李嶠りきょう張廷珪ちょうていけいという2人が、
    「李邕の文章は高尚こうしょうで正義感にあふれ、その才能は君主くんしゅいさめるのに適任」
    と朝廷に推薦すいせんします。そして左拾遺さしゅうい(皇帝のまちがいを忠告する官)に任命されました。

  • 706年(神竜2年)
    29歳

    忠人の張柬之ちょうかんし則天武后そくてんぶこう氏一族を排除しようと五王の乱を起こし失敗して殺されます。
    李邕は張柬之と仲がよかったということでそのとばっちりを受け、富州ふしゅう司戸参軍しごさんぐん(州内の戸籍、道路、土地台帳を司る下級官)へと左遷されてしまいます。

  • 708年(神竜4年)
    31歳

    中宗の皇后氏はその娘と計り、中宗を毒殺してしまします。そして政治の実権をにぎり、前例の則天武后にならって女皇帝になろうとしました。
    この毒殺の件を知った隆基りゅうき(のちの玄宗)が大平公主たいへいこうしゅ(則天武后の娘で、玄宗の叔母)と計り、クーデターをおこし、韋氏の野望を砕き、韋氏の乱を静めました。
    李邕は左台殿中さだいでんちゅう侍御史じぎょし(宮廷の儀式や長安城中の内部の補修などを司る次官クラス)に昇格します。

  • 715年(開元3年)
    38歳

    官位は戸部朗中こぶろうちゅう(大蔵省局長クラス)と高くなり、その後、玄宗皇帝お気に入りの張廷珪ちょうていけい姜皎きょうこうの推薦により御史中丞ぎょしちゅうじょう(検事総長クラス)へと進みました。李邕の官吏生活で最高位となりました。

    しかし、時の宰相さいしょうであった姚崇ようすうは李邕の気性の激しさを嫌って、適当に罪を作り、括州司馬かつしゅうしばに左遷してしまいます。のちに陳州刺史ちんしゅうししに昇格しました。
    これより地方の役人生活がはじまっていきます。

  • 720年(開元8年)
    43歳

    6月、雲麾将軍李思訓碑を建碑。

  • 723年(開元11年)
    46歳

    2月に法華寺碑を建碑。10月に婆羅樹碑を建碑。

  • 725年(開元13年)
    48歳

    玄宗げんそう皇帝は泰山たいざんにおいて天を祭る行事を行いました。その帰り道の汴州べんしゅうで李邕は皇帝に会って、辞賦じふ一首を献上しました。皇帝はたいへん喜びました。李邕は自慢して「自分は当然宰相さいしょうとなるべき才能ある者だ」と言ったといいます。

    このようなうぬぼれというか自己顕示欲が災いとなり、中書令ちゅうしょれい張悦ちょうえつに憎まれ、汚職により罪を犯していると告発を受け、李邕りようは投獄され死刑はまぬがれない立場においこまれてしまいました。このとき、張孔璋ちょうこうしょうが自分の生命もかえりみず李邕の助命嘆願書を玄宗げんそう皇帝におくりました。張孔璋ちょうこうしょうは李邕とはまったく知らない間柄だったようですが、李邕の文章と人柄のファンでした。
    「李邕は贈賄の罪によって役人に捕らえられ、死刑は目前に迫っています。則天武后の時、張兄弟の横暴をしずめ、また韋后の野望を砕きました。李邕自身は罪を受ける覚悟で天子のあやまった考えを正そうとしたのです。彼は国家の功労者でもあります。…陛下は李邕の死刑をゆるし、…その代わり私に死を与えてくださるなら、大願は終わります。…」
    と、張孔璋ちょうこうしょうの上奏文によって李邕は死刑をまぬがれ、遵化しゅんか県(広東省欽州)の役人に左遷されました。張孔璋は嶺南に流され、その地で亡くなりました。

  • 728年(開元16年)
    51歳

    宦官かんがん楊思勗ようしきょくに従って広東地方の少数民族であるりょうの反乱を討伐して、功績により澧州司馬れいしゅうしば(湖南省、軍事官)に昇格します。

  • 731年(開元19)
    54歳

    7月、麓山寺碑ろくざんじひを建碑。

  • 735年(開元23年)
    58歳

    括州刺史かつしゅうししとなります。また無実の罪でとらえられましたが許されました。その後、淄州ししゅう滑州かつしゅう刺史ししを歴任します。

  • 742年(天宝元年)
    65歳

    雲麾将軍李秀碑を建碑。汲郡きゅうぐん河南省かなんしょう)、北海ほっかい山東省さんとうしょう)の太守たいしゅとなりました。北海太守となったことから、李邕は李北海とも呼ばれています。

  • 746年(天宝5年)
    69歳

    以前に李邕は柳勣りゅうせきという人に馬を贈ったことがあり、その柳勣がのちに罪を犯してしまったため、李邕は宰相さいしょう李林甫りりんぽに官物横領による賄賂わいろだと罪状を摘発されてしまいます。
    この年10月に「古詩帖」を書いています。

  • 747年(天宝6年)
    70歳

    正月、むち打ちの刑で殺されてしまいました。

彼は六絶といって、文章・書翰・正直・辞・辨・義烈がみなほかの人より優れており、とくに文章にすぐれていました。寺院や高貴な人から碑文の作成を依頼され、これによって受け取った金額は数万を超えたといわれています。

性格は生まれつき豪放で細かいことに神経を使うことができず、彼のいるところには賄賂や謝礼がつきまとい、狩猟は思いのままであったといいます。社交性にも欠けており、そのため多くの人から悪口をいわれ、罪を受けるきっかけとなっています。

文章に優れましたが、その性格は激しく、官界においては上司に嫌われ役人としては恵まれませんでした。

書道家としての李邕

李邕は、碑文を800あまり書いたといわれています。しかし、そのすべてを自分自身が書いたわけではなく、大半は撰文に関わったものを指しています。

李邕は書くことよりも文章家として碑文のほうに価値と名声があったようで、文字のほうは本来は楷書か隷書で書かれるべきであったので、李邕はこれらの碑文を著名な書道家たちに書いてもらっています。

たとえば、李邕と親しかった張廷珪ちょうていけいには彼の得意とする隷書で、同じく隷書の大家であった梁昇卿りょうしょうけいなどに書くのを依頼しています。

李邕自身が碑文を書く場合には、もっとも得意とする行書で書きました。
当時、行書で碑文を書くのは異例であり、歴史的に見てそれまでは、太宗皇帝と則天武后の2人しかいませんでした。

李邕の書が認められ評価され始めるのは、300年以上も過ぎて、そうげんの時代へと移ってからのことです。

李邕の書の後世にあたえた影響

李邕りようが生きたとう時代は伝統的書風が尊重されましたが、その反発で、次のそう時代は個人の意(精神)を尊ぶ自由奔放、筆力剛健な革新書風へと発展します。

李邕の豪快でしかも骨気のある筆力、雄大な結構などが宋時代の書道家たちに歓迎されるようになりました。

こうして、まず欧陽脩おうようしゅうは、
「李邕の書によって筆法を得た」
と書き、
また、黄庭堅こうていけん
「蘇軾の晩年の書はきわめて李邕の書に似ている」
と言い、
米芾べいふつは李邕の筆跡を収集しては刻帖に力を入れたといいます。

このことから、蘇軾そしょく米芾べいふつらが李邕の筆法を学んだことがわかります。

また、さらに次のげん時代の趙孟頫ちょうもうふは、「大字を書くときに李邕の書法を習ってから書いた」といいます。大字を書くのに必要な骨力をつけるために李邕を学んでいたようです。

なぜ李邕の評価がおくれたのか

宋の三大家(蘇軾そしょく黄庭堅こうていけん米芾べいふつ)たちによって李邕の書が評価されるようになりましたが、李邕が亡くなってから約350年が経過しています。

この間の主流は王羲之を師とする伝統派でした。

どうして350年の間、李邕は評価されなかったのでしょうか。

それには4つの理由が挙げられます。

まず1つ目に、李邕は楷書があまり得意でなかったことが挙げられます。唐の四大家(虞世南ぐせいなん欧陽詢おうようじゅん褚遂良ちょすいりょう顔真卿がんしんけい)は楷書に優れた書道家でした。この時代は科挙かきょという国家試験において美しい楷書が書けるかどうかもみられていました。李邕はその楷書に代表作を残していないので忘れられてしまったのではないでしょうか。

2つ目に、書道家としてより文章家として有名だったことが挙げられます。これは李邕の経歴からわかります。

3つ目に、李邕は人格にとぼしかったことが挙げられます。例えば、米芾べいふつが「李邕はにわか成金のように言動が粗野で無礼だ」と評価しているように、碑文を頼まれては多額の謝礼をもらい、賄賂わいろは使い、性格は傲慢ごうまんで気性が強かったそうです。また、李邕は犯罪者として死刑になっています。それらが人格者を尊ぶという儒教思想のなかで、その秩序をやぶる言動・行動が、李邕の評価を敬遠させたのではないでしょうか。

4つ目に、伝統と習慣の無視があげられます。書道の世界では神のような存在の王羲之書法から脱皮し伝統に背を向けたり、碑文を楷書か隷書で書くべきところを行書で書いています。これら自由奔放な生活や行動がこの時代に受け入れられず、秩序を乱す異端者扱いされていたと考えられます。
王世貞おうせいていによると、「李邕は書はうまいがすこし一人勝手なところがある。文章はしなやかさをもって名声を得ているが、その高すぎた名声によって死を得て、立派な書をもってそしりを得た」と書いていますが、まさにその通りだったしょう。

李邕の代表作品

李邕の碑版のなかで代表的なものとしては、まず第一に「李思訓碑りしくんひ」、そのほか「麓山寺碑ろくざんじひ」「法華寺碑ほっけじひ」が挙げられます。

李邕の書風

王羲之書法を学びながらも、筆勢の雄健さにすぐれ、頓挫起伏するすがたは、よく人の心を動かすに足るものがありました。
南唐の李後主が、李邕の書を評して、右軍(王羲之)の気を得て体格に失す、といっているように一種の欹側した体勢に難点がありますが、その気象はよくその弊を掩うてあまりあるものと言うことができます。

李邕は行草を得意としたので、楷書の作例はごくわずかしかありません。

書風は太宗たいそうとう王朝の第二代皇帝)の影響をうけましたが、本来、王羲之おうぎしからでたもので、さらに古い伝統の書法を脱して筆力を一新し、骨気の鋭い書風を作りだしました。

彼の行草碑としては李思訓碑りしくんひのほかに、法華寺碑ほっけじひ(723)、麓山寺碑ろくざんじひ(730)、李秀残碑りしゅうざんひ(742)、大照禅師碑たいしょうぜんしひなどが著名です。

楷書では端州石室記が知られ、そのほか、淳化閣帖や明清の集帖にも載っていますが、その真相はわかりません。

やはり、李思訓碑が彼の代表作であり、この碑があるからこそ、彼を唐時代における行書の第一人とされているのです。

李邕の行書から、さらにくだけた草書へ

中国唐時代は、太宗皇帝の影響により書道文化がとても盛んになる時代です。欧陽詢・虞世南・褚遂良があいついで現れ、楷書の上にその技巧をきわめた美しい世界を出現させました。

そこからさらに年月が進み、盛唐のころになると、楷書より砕けた行書にすぐれた書人があらわれます。それが李邕です。

つぎに盛唐から安禄山の戦乱を経て、中唐になると伝統的書法のしきたりを打破する傾向がいっそうたかまり、さらにくだけた草書が流行します。
しかもそれは従来の草書ではなく、酒に酔った心境から生まれでた狂草きょうそうです。
それを代表するのが張旭ちょうきょく懐素かいそです。

これらの新しい書風の書道家たちの影響もあって、やがて北宋ほくそうの名家(米芾べいふつ蘇軾そしょく黄庭堅こうていけん)を生みだし、創作的な新しい書道芸術へと発展していくのです。

書道が上手になりたい!扱いやすい書道筆をお探しの方へ

書道をやっているけど、
「お手本のようになかなか上手に書けない…」
「筆が思うように動いてくれない…」

という方のために、美しさ・使いやすさが追求された書道筆小春」を紹介します。

悠栄堂
¥2,980 (2024/02/13 06:36時点 | Amazon調べ)

この筆は、毛の長さがちょうど良く、穂の中心部分にかための毛が採用されているため、弾力がでてしっかりとした線が書けます。穂の外側は柔毛のため線の輪郭もきれいです。
半紙4~6文字に適しています。

Amazonで気軽に購入できるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

当メディア「SHODO FAM」では、
書道についての歴史や作品、美学などを紹介しています。

書道についてのさまざまな専門書をもとに、確実で信頼性の高い情報をお届けしています。

書道についての調べものの際にはぜひご活用ください。

参考文献:二玄社『中国書法ガイド39』、『書の文化史 中』西林昭一、『中田勇次郎著作集 第三巻』『書道芸術第5巻』

タイトルとURLをコピーしました