中国の法帖

蘭亭記(らんていき)を紹介・現代語訳

中国の法帖

中国とうの第2代皇帝・太宗たいそう(598~649)は、即位時にはまだまだ全国統一にはほど遠かった唐王朝を1代で世界帝国に築き上げていった名君主です。

そんな彼は書道にも関心が強く、特に王羲之おうぎし書法に心酔し、貞観じょうがん年間(627~649)に、勅命ちょくめいをくだして王羲之の書跡を収集しました。
その結果、2000紙を超える多くの王羲之の書跡が集められましたが、最高傑作として最も評判の高かった蘭亭序だけは行方ゆくえがわからず、これを手中に収めることができませんでした。

今回紹介する『蘭亭記らんていき』には、唐時代初期の名君主の太宗が、いかに王羲之の書の絶対的な信奉者であったかを象徴する「蘭亭序をだまし取ってこさせた」、という有名な逸話が書かれています。

悠栄堂
¥2,980 (2024/02/13 06:36時点 | Amazon調べ)

蘭亭記(らんていき)について

賺蘭亭図(「だまし取られた蘭亭序)中村不折 蕭翼が弁才から蘭亭序をだまし取ったとされる逸話を描いたもの。
賺蘭亭図(「だまし取られた蘭亭序)中村不折
蕭翼が弁才から蘭亭序をだまし取ったとされる逸話を描いたもの。

蘭亭記は、唐の何延之かえんしが撰したもので、太宗たいそう王羲之おうぎしの「蘭亭序をだまし取ってこさせた」、という逸話が記されています。

太宗が亡くなってから65年後に書かれており、蘭亭記には虚飾が多いと言われていますが、もし虚飾があるとすれば、その虚飾には皇帝の政治的意図が反映されていると言われています。

蘭亭記がよく知られるようになったきっかけは、唐の張彦遠ちょうげんえんによって書論の集大成ともいうべき『書法要録』に収められたこと、また、宋の李昉りほうらが勅命を受けて編した筆記類の百科事典ともいうべき『太平広記』に採られたことが大きく影響していると思われます。

蘭亭記の現代語訳

蘭亭序らんていじょ」は東晋とうしん王羲之おうぎし穆帝ばくてい永和えいわ9年(353)暮春ぼしゅんの3月3日、山陰さんいん(現在の浙江省せっこうしょう紹興市しょうこうし)の蘭亭に、名士41人を招き、祓禊みそぎの礼を修め、筆をふるって書いた序文で、蚕繭紙さんけんし鼠鬚筆そしゅひつを用い、力強いだけでなく、しなやかに、そしてすこやかに書かれた絶品である。この中には「之」という字が最も多く、20個ばかりあるが、どれ1つとして同じものがなく、神の助けがあったとされた後日、王羲之はさらに数十本、数百本と書いてみたが、祓禊の当日書いたものには及ばなかった。だから彼はこれを宝として重んじ、子孫に代々伝えていくよう言いつけた。

そして「蘭亭序」は第7代目の孫の智永ちえいに伝わった。智永ちえい王羲之おうぎしの第5子・徽之きし後裔こうえいで、出家して永欣寺えいきんじの住職となっていた。永欣寺えいきんじの命名者はりょう武帝ぶていで、智永とその兄の恵欣えいきんから一字ずつ取って名付けられたという。智永は100歳近くまで生き、臨終にあたって「蘭亭序」を弟子の弁才べんさいに託した。弁才は俗姓をえん氏といい、梁の司空しくうであったこう玄孫やしゃごである。弁才は寝室にしていた方丈ほうじょうはりに隠し穴をあけ、そこに「蘭亭序」を入れ、先師の智永よりもさらに大切に保管した。

時移ってとう貞観じょうがん年間(627~649)、太宗たいそう(唐の第2代皇帝)は執務の合間に学書にはげみ、とりわけ王羲之の書法を好んで、臨書をするとともに、全国から王羲之の書跡を集めさせたが、ただ「蘭亭序」だけが手に入らない。そこで調べさせたところ、弁才べんさいのもとにあることがっわかり、弁才を呼びよせ、「蘭亭序」のことを質問したが、弁才はしらばっくれるばかり。残念ながらそのまま弁才をかえすよりほかなかった。だが何度調べさせても弁才のところにあることは間違いないようで、さらに2回弁才を読んだがらちがあかない。ごうを煮やした太宗は侍臣に、「誰か策略をめぐらせて取ってこれる者はおらぬか?」と問うと、尚書右僕射しょうしょうぼくや房玄齢ぼうげんれいが、「梁の元帝げんてい曽孫ひまごという監察御史かんさつぎょし蕭翼しょうよくなら必ずや取ってまいるでしょう」とそうしてきた。こうして蕭翼は弁才のもとに派遣されることになり、太宗から二王におう(王羲之・王献之おうけんし)の雑帖を3通ばかり借りて旅立っていった。

蕭翼しょうよくは商人に身をやつし、弁才べんさいのもとへやってきた。2人はすぐにうちとけ、風雅な遊びに興じ、学問を論じ、詩作のやりとりをして夜通し楽しんだ。それから後も蕭翼しょうよくはたびたび弁才べんさいを訪ね、2人の仲はみるみる深まっていった。そんなある日、蕭翼は梁の元帝の手になる『職工図』を弁才に見せ、そこから話題を書画に向けてこう言った。「私の家は代々二王の書法を伝えております。今も数帖携えて来ており、宿に置いてあります。」弁才はよろこび、見せてくれと言う。翌日、蕭翼は太宗から借りてきた二王の雑帖を弁才に見せた。はたして弁才は、「これはこれでまあまあの作ですが、さほどのものではないですな。私の持っているのはただものじゃありませんぞ」と言い、とうとう「蘭亭序」を蕭翼に見せてしまった。蕭翼はもちろん本物だとすぐにわかったが、何くわぬ顔をして摸本であると言い切った。弁才はそんなはずはないと言い返したが、蕭翼は摸本だと言いはり、その日はけりがつかなかった。

蕭翼しょうよくに「蘭亭序」を見せてから後、弁才べんさいはもはや梁の隠し穴に「蘭亭序」を入れることはせず、蕭翼しょうよくが持ってきた二王の雑帖とともに机の上に置くようになり、毎日臨書をくり返していた。そこで蕭翼しょうよくは弁才の留守をねらって入りこみ、「蘭亭序」を二王の雑帖ともども持ち去り、そのまま永安駅へ向かった。そして駅長に、「私は御史である。勅命を奉じてやってきた。都督ととく斉善行せいぜんこうに報告せい」と告げた。斉善行は農民軍をひきいて唐にはむかった竇建徳とうけんとく妹婿いもうとむこであったが、今では唐に降り、上柱国金印紱綬じょちゅうこくきいんふつじゅを授けられ、真定県公しんていけんこうに封ぜられている。その斉善行はすぐにやってきて、蕭翼しょうよくから事情説明を受けると、使者をやって弁才を召した。御史のお呼びだということで出先からかけつけた弁才は、その御史があの蕭翼しょうよくだと知ってびっくり仰天。そんな弁才に蕭翼しょうよくは、「勅命を奉じ、『蘭亭序』を取りにまいった。『蘭亭序』は今やわが手中。よってあなたを呼びよせ、ここにいとまごいをいたす」と言いはなった。弁才はこれを聞くや卒倒してしまい、しばらく起きあがれなかった。

こうして「蘭亭序」は太宗たいそうの手に入った。太宗は搨書人とうしょじん趙模ちょうも韓道政かんどうせい馮承素ふうしょうそ諸葛貞しょかつていらに命じておのおの摸本もほんを数本ずつ作らせ、皇太子、諸王、近臣にたまわった。そして貞観じょうがん23年(649)、太宗が崩御し、当時皇太子であった高宗こうそうに遺言して、「蘭亭序」を自らの墓に埋めさせた。

この話は私(何延之かえんし)が長安2年(702)、弁才の弟子である玄素げんそから聞いた話である。玄素は俗姓をよう氏といい、もともと漢の大尉たいいの家柄で、6代の祖の佺期せんき東晋とうしん反旗はんきをひるがえした桓玄かんげんに殺された後、子孫は江東こうとうにのがれ、山陰を本籍地としている。この楊氏は私の母の実家の親戚でもある。

甲寅こういん(714)の3月3日にあたり、昔日の蘭亭の雅会に思いをはせつつこれを撰した。

タイトルとURLをコピーしました