スポンサーリンク
日本の書家

【江戸時代の書道家】巻菱湖(まきりょうこ)について解説/巻菱湖の千字文の画像

巻菱湖(まきりょうこ)についての基本情報 巻菱湖(まきりょうこ)は、江戸時代後期に活躍した書家です。生卒は1777年~1843年(安永6~天保14)。 名は大任たいにん、字は致遠ちえん、雅号ははじめ弘斎こうさいといいました。 ...
日本の書家

【江戸時代の書道家】市河米庵(いちかわべいあん)ついて解説/作品も紹介

市河米庵の基本情報 市河米庵像 市河米庵いちかわべいあんは、江戸時代末期の儒学者・書家です。生卒は1779~1858(安永8~安政5)。 名は三亥みつい、字あざなは孔陽こうよう、雅号がごうは米庵のほかにも米庵楽斎・頴道人...
中国の法帖

董其昌の代表作品:行草書巻(行草書羅漢賛等書巻)を紹介

行草書巻(行草書羅漢賛等書巻)について 行草書巻ぎょうそうしょかんは、明代の書家、董其昌の代表作品の1つです。 紙本、31.0×479.5㎝。東京博物館蔵。 書写年代は、1603年(万暦31年)、董其昌が49歳のころにあ...
スポンサーリンク
行書

董其昌の行書作品:菩薩蔵経後序を紹介・釈門

菩薩蔵経後序(ぼさつぞうきょうこうじょ)について 菩薩蔵経後序ぼさつぞうきょうこうじょは、明代の書家、董其昌の代表作品の1つです。 本福12幅、紙本、26.8×12.5㎝。台北故宮博物院蔵。 書写年代は、戊午(1618)...
楷書

美人董氏墓誌(びじんとうしぼし)について解説/臨書に使える全文の拓本画像・釈門も記載

美人董氏墓誌(びじんとうしぼし)について解説 美人董氏墓誌の全体 美人董氏墓誌びじんとうしぼしは、中国の隋ずい時代、597年(開皇17年)に刻された墓誌ぼしです。 墓誌ぼしとは、お墓におさめられている亡くなった...
中国の法帖

李白文書(りはくもんじょ)について解説【李柏尺牘稿】

李柏文書(りはくもんじょ)について解説 李柏文書(李柏尺牘稿)① ※クリック/タップで拡大 李柏文書(李柏尺牘稿)② ※クリック/タップで拡大 李柏文書りはくもんじょは、中国東晋とうしん時代の筆跡です。「李柏尺牘稿りはく...
楷書

張猛龍碑(ちょうもうりゅうひ)について、書風・特徴を解説/臨書に使える全文の画像、釈門

張猛龍碑(ちょうもうりゅうひ)の基本情報 張猛龍碑の原碑 張猛龍碑の拓本 北魏・正光2年(522) 山東省曲阜の孔子廟内“漢魏碑刻陳列室”(通称“孔廟碑林”)にあります。 石碑は198.2×87.3㎝。碑文は...
中国の書家

張芝(ちょうし)という書家について解説/草書の名手/作品も紹介

張芝(ちょうし)は中国の後漢ごかん時代(2世紀ごろ)の書家です。 後漢ごかん時代は、文字の発達段階において草書そうしょが発生した時期です。文字が発達するとともに、文字が上手だということで有名になる人物が現れてきました。 ...
中国の書家

【王羲之の息子】王献之(おうけんし)について解説/作品の特徴や評価を紹介

王献之(おうけんし)は、蘭亭序らんていじょの作者として有名な王羲之おうぎしの息子で、彼も書道に優れていた人として有名です。 父の王羲之には7人の息子がいましたが、そのなかでも末っ子の王献之がもっとも優れていたようです。 そんな...
中国の法帖

姨母帖と喪乱帖について解説/王羲之の真跡にもっとも近い法帖

王羲之おうぎしの真跡は残念ながら1つも伝わっておらず、現在見られるすべての法帖が複製品です。そんな中、最も真跡に近い複製品とされるものの代表作が「姨母帖いぼじょう」と「喪乱帖そうらんじょう」です。 「姨母帖」は20歳代の若いころの作...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました