書体書家法帖行書

書聖・王羲之とその代表作品:蘭亭序について詳しく解説

書体

蘭亭序を書いた王羲之おうぎしは中国書道史を語るうえで欠くことのできない最も重要な人物といえるでしょう。

今回は王羲之について解説し、彼の代表作である蘭亭序についても解説していきます。

スポンサーリンク

王羲之の基本情報

王羲之

王羲之おうぎし(303~361)は東晋とうしん時代の書家です。

あざな逸少いっしょう、のちの官名をそえて王右軍ともいいます。

琅邪ろうや山(山東省臨沂りんぎ市)の出身。

スポンサーリンク

王羲之の少年・青年時代

王羲之は、東晋とうしん王朝の建国の功労者、王導おうどう王敦おうとん伯父おじに持つという名門貴族の家に生まれました。

王羲之の少年時代、すなわち西晋末期から東晋初期にかけては、世の中は混乱した状態でした。

王羲之の父・王曠おうこうしんの元皇帝(司馬睿しばえい)が南渡なんとすることをまっさきに建議した人物ですが、王羲之が7歳のことき、北方勢力(ちょう劉聡そうりゅう)との戦いに敗れ、敵の捕虜として連れ去られて帰ってこなかったといいます。

10歳にも満たない幼少のときに父を亡くした王羲之は伯父の王導おうどうによって養育されました。

王羲之の少年時代は内気な子どもだった

王羲之についての伝記をみていくと、少年時代は人見知りする内気な性格であったことがうかがえます。

少年時代の王羲之について、『晋書』本伝によると、
「幼いころには言葉がすらすらと出ないために、周囲の人たちは王羲之に注目していなかった。」
といいます。

また、『世説新語』軽詆けいてい篇には、
ある日王羲之が伯父の王敦おうとんのもとにいた時、あとから王導おうどう庾亮ゆりょうがやってきた。口が重く、人との対応がうまくなかった王羲之はその場を外そうとしたところ、王敦おうとんはそれをとどめて、
「来たのは、おまえの家の司空(王導おうどうのこと)だ。元規(庾亮ゆりょうがのこと)だって何も難しい男ではない」
と言って王羲之をその場に居させたといいます。
※「大将軍」は伯父の王敦おうとん、「王・庾」はこれも伯父の王導と庾亮のこと

郗璿(ちせん)との結婚

王羲之は、門閥貴族である郗鑒ちかんの娘と結婚しました。

結婚相手の名前はせんあざな子房しぼう。ちなみに『書断』によると「晋の王羲之の妻の氏、甚だ書に巧みなり」とあります。

この結婚については、次のような話が伝えられています。

「そのころ、王氏の若者たちはみな、族長である王導の邸に集まって暮らしていた。郗鑒ちかんの使者が婿選びにやってくると王導は、東側の建物に使者を案内して自由に選ばせた。そうと察した王氏の若者たちは、みなそれぞれ澄ましこんていたが、1人だけ寝どこの上に腹ばいになって関心を持たずに何やら食べているのがいた。それが王義之であった。」

王氏の若者がみんな郗鑒ちかんの婿選びの使者を意識して澄ましこんでいるのに、王羲之だけが彼らと同じように自分をよく見せようとしなかったのはどうしてなのでしょうか…

周りの雰囲気を感じ取るのに鈍い性格だったのか、ひねくれた性格だったのか、どうせ自分は選ばれないと諦めていたとも考えられます。

使者が帰ってその様子を報告すると、郗鑒ちかんのは王羲之の物にこだわらない態度が気に入ったのか、
「まさしくその子がいい」
と言って、王羲之を婿にきめました。

そして、王羲之は名族の郗鑒ちかんの娘・郗璿ちせんと結婚したのでした。

スポンサーリンク

役人としての王羲之

官職ははじめに書郎しょろう(宮中の図書の収蔵と管理を担当する官)を任命されます。行政の動向に直接かかわるものではないため、高級官吏になるための見習いどころといったところでしょうか。

江州刺史、護軍将軍(近衛兵の長官)などを任官しました。

王羲之の高潔な人格と見識は、朝廷の重臣たちに高く評価され、侍中(皇帝の秘書長)や吏部尚書(官吏の任用を担当する役所の長官)という重職に推薦されたということもありました。

しかし、王羲之はそれらを辞退してしまいます。

王羲之は政治に全く興味がなかったとは言えませんが、中央の政府に入るよりも逸民として山野で遊ぶことを望んでいたと思われます。

結局さまざまな要請を断り続け、最終的には右軍将軍・会稽内史かいけいないし(地方長官)という地方官に任命されます。現在の紹興一体を統括する知事です。王羲之が王右軍とも呼称されるのはこのときの官職にちなみます。

役人をやめてからの生活

その後、病と称して官を辞職した彼は、手紙の中で「尚子平(後漢の人。晩年に気ままに隠逸した)の志を継ぐのが自分の意志である」と述べていた理想通り、悠々自適ゆうゆうじてきとした余生を送り、59歳で亡くなったとされます。

スポンサーリンク

王羲之の書学歴

王羲之がいつごろ「書」をはじめたのか、詳しいことは分かりませんが『』には「7歳にして書を善くす」とあります。

そして12歳のときには、父親の秘蔵する「前代の筆説」を授けられたといいます。

スポンサーリンク

王羲之と王献之

王羲之は、7人の男子と1人の娘をもうけました。中でも書の才能をもっともよく受け継いだのは、末子の王献之おうけんし(344~386)です。後世、王羲之を大王、王献之を小王といい、また、父子をあわせて“二王”という呼び方をされます。

王献之の書風は、父よりも自由で研媚な趣があるといわれる反面、父の書に見える骨力に欠けるという評価のされ方もしています。

スポンサーリンク

王羲之が書聖といわれる理由

王羲之はしばしば「書聖しょせい」とたたえられます。

王羲之は生きている時から書を芸術的な表現にまで高めた人物としてもてはやされていたことは分かっていますが、「書聖」とまであおがれるのはそれから300年後のとうの時代です。有名な「蘭亭序」が文献に現れるのも同じく唐の時代です。

簡単に言ってしまえば、唐の太宗たいそう皇帝という偉い王様に王羲之の字が好かれたため。特に、「蘭亭序」を盲目なまでに絶賛したからにほかなりません。

ただ、どれほど太宗皇帝に好かれたからといっても、やはり「蘭亭序」が書としての魅力を備えていなければ、現在までこのように学習者の手本として支持を受けていることはなかったでしょう。

スポンサーリンク

王羲之の代表作:蘭亭序

王羲之の書として代表的なものを挙げたならば、蘭亭序は必ずその中に入ることでしょう。

蘭亭序が書かれたのは、彼が51歳のとき、会稽内史かいけいないしとして任官していた永和9年(353)のことです。

王羲之は会稽山かいけいざん浙江せっこう紹興しょうこう市)のふもとの蘭亭というところに、後に東晋の宰相さいしょう(総理大臣)となる謝安しゃあんや文学者として有名な孫綽そんしゃく、王羲之の息子たちなど41名の名士を招いて禊事けいじを行い、曲水流觴きょうくすいりゅうしょううたげ(詩会)を開きました。

禊事けいじとは陰暦3月3日の節句に、身を清め、けがれを取り除く儀式のこと。

曲がりくねった川の上流から杯を流し、自分の近くにさかずきが来るとそれを呑みほして詩をつくるのです。

このときの詩会では、合わせて37首の詩ができました。

主催者である王羲之はこれを詩集に仕上げ、その巻頭に序文を書きました。この序文の部分が「蘭亭序」です

また、今日に伝存している蘭亭序はその草稿(下書き)です

伝説によると、王羲之は草稿としてこれを書きましたが、後から書き直そうとしたところ、どうしてもこれをこえるものが書けませんでした。結局この草稿が後世に伝わることとなったのです。

蘭亭序の内容

内容は前半部分では、蘭亭という場所の自然情景とそれに対する賛美が中心となっています。

後半部では、一転して王羲之の人生観を反映した文章が続きます。その人生観は、孔子の思想さえも否定するほど感情的なものです。

「楽しさはいずれ過ぎ去り、人間もいつかは死ななくてはならない。人のはかなさは悲しいものであるが、それこそ自然な姿であり、生も死も偉大なことだとする孔子のことばは受け入れられない。」

最後には「時が移り事物が変わっても、後の人間がこの文章を見たなら何かを感じてくれるだろう」、と締めくくります。

蘭亭序の真跡は残っていない

蘭亭序は、古来より書を学ぶ上での範書として多くの人に学ばれてきました。

しかし、私たちが現在、写真や法帖で見ることのできることのできる蘭亭序は、実は唐代以降(王羲之が亡くなってから300年以上あと)に複製されたもの(臨模りんも本や搨模とうも本)であり、真跡ではありません。

そもそも作者である王羲之の確実な肉筆(本人の筆跡)はこの世に1つも存在していません

  • 臨模りんもとは、原本を横において見ながらフリーハンドで模写したもの。
  • 搨模とうもとは、原本を下に敷き、透かし写ししたもの。

現在伝わっている摸本のうち、高校書道の教科書をはじめ、私たちがよくみる「八柱第三本(神龍半印本しんりゅうはんいんぼん)」ですら、なにも信用できる根拠はありません。

真跡は王羲之の書を酷愛した唐の太宗たいそう皇帝が自分の亡骸とともにお墓に埋葬したといわれています。つまり、太宗の死とともに地上からは消滅してしまったということになっているのです。

神龍半印本の印章

私たちがもっとも目にする神龍半印本には印章がたくさん押してあります。

どれも名だたる収蔵家や鑑定家の印で“収蔵印”といいます。

それらは結局、作品をよごしていることになりますが、一面では作品の流伝のあとを知ることができて、鑑賞上、別の楽しみをもたらしてくれます。

タイトルとURLをコピーしました