法帖

スポンサーリンク
書体

王羲之:蘭亭序の内容を全文現代語訳で紹介

書道をされている方なら必ず知っているであろう王羲之の蘭亭序。 漢文で訳も分からず書いているけど、一応意味も知っておきたいと思いませんか? 今回は王羲之の蘭亭序の現代語訳を全文を紹介します。 現代風に意訳した部分や、新字体...
2022.09.13
書体

王羲之の字を集めた集王聖教序:碑文の内容、字の集め方などを解説

こんにちは、中村です。 集王聖教序しゅうおうしょうぎょうじょはいろいろな呼び方がされており、「集字聖教序しゅうじしょうぎょうじょ」という呼び方もされていることを聞いたことがあるのではないでしょうか? 集王聖教序と集字聖教序の違...
2022.05.19
法帖

曹全碑の内容、書風や特徴を解説

こんにちは、中村です。 曹全碑は乙瑛碑いつえいひや礼器碑れいきひと並び、後漢の典型的な隷書碑です。 隷書の規範とも言え、隷書の基本的構造を知るうえで格好の古典です。楷法の極則とされる九成宮醴泉銘きゅうせいきゅうれいせんめいのよ...
2022.04.08
書体

褚遂良の雁塔聖教序:碑が建てられた理由や内容、書風などを解説

こんにちは、中村です。 今回は、初唐の三大家の一人、褚遂良について解説した後、彼の代表作である雁塔聖教序のについて内容や書風、特徴などを解説していきます。 褚遂良について 雁塔聖教序の書者、褚遂良ちょすいりょう〈開皇かい...
2022.04.10
書体

書聖・王羲之とその代表作品:蘭亭序について詳しく解説

蘭亭序を書いた王羲之おうぎしは中国書道史を語るうえで欠くことのできない最も重要な人物といえるでしょう。 今回は王羲之について解説し、彼の代表作である蘭亭序についても解説していきます。 王羲之の基本情報 王羲之 王羲...
2022.09.22
書体

虞世南について:その代表作である孔子廟堂碑の書風や特徴を解説

こんにちは、中村です。 楷書の典型は成立したのは初唐7世紀に確立されましたが、その担にない手が欧陽詢おうようじゅんと虞世南ぐせいなんの二人です。 しかし、欧陽詢が数多くの作例を伝えるのに対して、虞世南はとても少なく、結局、孔子...
2022.04.10
法帖

古今和歌集の名前の由来や内容、構成などを分かりやすく解説【最初の勅撰和歌集】

こんにちは、中村です。 今回は、古今和歌集についてわかりやすく解説していきたいと思います。 古今和歌集の由来 古今和歌集という名前の由来について説明していきます。 まず、「和歌集」という部分は理解できると思います。...
2022.07.08
法帖

かな書道をしている人なら最低限知っておきたい平安古筆の知識

こんにちは、中村です。 今回は、かな書道をしている方たちに向けて最低限知っておきたい平安古筆の知識を紹介していきます。 かな書道の勉強は、平安時代のかな書道の古典『古筆』を学ぶことが常識となっています。 現代では古筆につ...
2022.07.22
書体

九成宮醴泉銘について解説・臨書の書き方のコツは?気をつけたい3つのポイントを紹介【書道のうでまえアップ】

九成宮醴泉銘きゅうせいきゅうれいせんめいは書道をする人なら必ずとおる道! およそ1500年前に書かれたものなのですが、現代でも「楷書の極則」といわれ、楷書の最も王道な古典です。学校で習う楷書の字形もこの九成宮醴泉銘を参考に作られてい...
2022.09.19
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました